moKA通信

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

豊田市N様邸進捗

豊田市N様邸。

8月の上棟からのレポート。

豊田の現場まで監理のためMy Bikeで何度も通いました(往復約35km。。。)
c0093205_11105735.jpg


上棟後木造軸組の筋違を設置。
moKAの垂れ幕も。
c0093205_1132294.jpg


金物補強状況。
ホールダウン金物は水平応力に対して木造が基礎からの「引き抜き」に機能。
c0093205_1117264.jpg


木造の品質はプレカットと、シールで確認。
c0093205_11315580.jpg


バルコニーはFRP防水施工
c0093205_11331057.jpg


サッシ取り付け
c0093205_11334337.jpg


外装の下地に透湿防水シート
c0093205_11342870.jpg


これにモルタル下地のための木摺下地
c0093205_1135452.jpg


断熱は弊社では省エネ等級4相当を標準にしており、今回は発砲ウレタン
c0093205_1136873.jpg


現場でクライアントさん立会のもと、コンセントやスイッチの位置を最終検査。
設計打合せの段階から空間ができてきた状況をみて再度確認いただくことで、
「ここにもコンセント追加を!」なんてことも一緒にチェックいただきます。

電気などの隠蔽配線をした上でプラスターボードを施工
今回は要望もありホルムアルデヒドを吸収分解する性能を付加した「ハイクリンボード」を採用
色がピンクです。。。
c0093205_11391197.jpg


外装は最終仕上げの前工程のモルタル塗まで終了。
左官仕事なのでどうしても若干の不陸がでるのですが、弊社では夕方頃照明を斜めにあてて
陰影具合をチェックして、さらに平滑に微調整してもらいます。
c0093205_11413738.jpg


お引き渡しまで残すところ約1ヶ月です。
完成イメージはこんなカンジ。
c0093205_11423287.jpg

c0093205_11425140.jpg


c0093205_114258100.jpg

c0093205_1143662.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-11-14 11:50 | 建築

秋の夜長の読書

クライアントさんからお借りしたものと、お勧めされた本。

「疾走する自画像」  岡本太郎

「火山のふもとで」  松家松史

c0093205_1153461.jpg




前者は岡本太郎の自伝エッセイ。
パリで青春を送ったあと帰国してからの戦争兵士体験は、読む限り相当悲惨なものなのだが
ユーモアを交えて書いているのが岡本太郎らしい。
自画像を一度も描いた事がなかったことも彼の生き様を象徴するかのようである。


後者は架空の建築家のお話なのだが、その設定のなかでは実在する建築家や建物が出てくる。

フランクロイドライトに師事したという老建築家村井はあきらかに「吉村順三」で、現実であれば師事したのはアントニオレーモンド。
村井設計の登場する「夏の家」や「飛鳥山教会」はレーモンドの実作を連想させる。
時代を席巻するライバル建築家はいうまでもない「丹下健三」。

建築のことを熟知していないとここまでの描写はできないであろう表現と、繊細な文体は秋の夜長に
読むのにぴったりな本。

印象に残った文をいくつか紹介。

「割り算の余りのようなものが残らないと建築はつまらない。
人を惹き付けたり記憶に残ったりするのは本来的にはない部分だったりするからね。
しかしその割り算の余りは計算してできるものじゃない。」


「細部と全体は同時に成り立ってゆくものだ。
胎児の指なんていうのは、びっくりするぐらい早い段階でできあがる。
開いたり閉じたり、生まれる何ヶ月も前から指を動かしている。
建築の細部というのは胎児の指と同じで、主従関係の従ではないんだよ。
指は胎児が世界に触れる先端で、指は世界を知り、指が世界をつくる。
椅子は指のようなものなんだ。
椅子をデザインしているうちに、空間の全体が見えてくることだってある」


「建築は芸術ではない。現実そのものなんだよ」



調べてみたら作者である松家氏、自宅の設計は吉村氏に師事した中村好文氏であることも納得である。

お勧めいただいたクライアントさんに感謝。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-11-05 12:15 | ライフ