moKA通信

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014-15 クラシコvol.1

今シーズン1回目のクラシコ。
(去年の模様はこちら

試合前日の監督インタビュー。
アンチェロッティのサプライズとは。。。
c0093205_11591291.jpg


ルイスエンリケはあの噛み付きスアレスを起用することを明言。
c0093205_120153.jpg


そしてスタメン。
レアルは怪我のベイルをのぞけばほぼベストメンバー。
c0093205_1203769.jpg


バルサはスアレスをなんと先発に。
シャビを置くところが経験重視。
c0093205_1224531.jpg


現地解説は元日本代表宮本氏。
実況の方の手には現地新聞。
「EXPO MUNDIAL。。。」まさにこの試合はサッカーの国際博覧会だと。。。。
c0093205_1244327.jpg


両者の公式戦初対決は100年以上前まで遡り、これまでの成績は若干レアルが上回り、
ホームではやはり優勢。
c0093205_1271592.jpg


そしてバルサは今シーズンここまで負けなしのさらに無失点。
レアルとの差は勝ち点4。
ぜひともレアルが勝ってもらって拮抗したリーガを期待するところ。
c0093205_1291970.jpg


5階席まであるサンチャゴベルナベウはブルー一色。
2008年にベルナベウで実際にクラシコ観戦しましたが、そのときの興奮がよみがえる。。。
リーガにも関わらず、デシマ(CL10賞)の横断幕。
c0093205_1214538.jpg


選手入場。
ネイマールもただいま絶好調。
c0093205_12144633.jpg


ロナウドvsメッシだけじゃない様相がいい。
c0093205_12153119.jpg


いよいよ試合開始。
c0093205_12155198.jpg


開始4分にいきなりスアレスからのパスをうけたネイマールがセンターに切れ込んで
バルサが先制。
レアル守備陣コンタクトもなく大丈夫か。。。

しかし、レアルはPエリア内でセンタリングに滑り込んだピケ(ちなみにシャキールの旦那)
が痛恨のハンドでPK獲得。
これをCR7が確実に決めて同点。
c0093205_12191637.jpg


後半はペペのヘッドと、ベンゼマのシュートで加点し、レアルに軍配。
バルサも惜しいシーンがあったが迫力に劣った。
スアレスは動きはよく、チームにフィットしていたので今後必ず活躍すると思う。
レアルは影の立役者、右のカルバハルと左のイスコが抜群の働きをしたのが勝敗を分けたかな。。。

とにかく今後のリーガは引き続き面白くなりそうである。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-10-26 12:27 | 欧州サッカー

ホームページメンテ

moKA ホームページをメンテナンス。

worksに物件を追加。
去年と今年に完成した3件を追加しました。
1。garden house with garage
  一宮のおウチで、一見平屋に見える住宅棟は実は奥へ展開があり2階建。
  別棟のガレージもあり、これらの間に広い庭があります。。。

2。bandage
  名古屋市北区のおウチで、RCと木造の混構造3階建て。
  南に面する道向かいにビルがあり、帯状の目隠しを施しています。

3。貴船プロジェクト II
  名古屋市名東区のおウチで、森本の自宅でもある貴船の家を気に入っていただいてのオファーで実現しました。



topページは、レイアウト変更とあわせて、moKA facebookページも写真がみれるように変更。
是非「イイね」宜しくお願いします!
c0093205_17493835.jpg




それから、「大人の名古屋」にもmoKAの記事が掲載されています。
季刊誌なのでしばらく書店に並んでいると思うので是非ご覧ください。
c0093205_1759571.jpg

c0093205_180756.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-10-20 18:04 | デザイン

美濃和紙あかりアート展

週末、美濃和紙あかりアート展へ。

「うだつの上がる」街並に作品が並びます。
c0093205_18374469.jpg

c0093205_18391189.jpg


侮っていました。。。

なかなか秀逸な作品もいくつかあり、建築的造形や、影のつくりかたなど
設計の勉強になりました。

いくつか抜粋を紹介。
c0093205_1841160.jpg

c0093205_18393567.jpg

c0093205_18395194.jpg

c0093205_1840519.jpg

c0093205_1840218.jpg

c0093205_18404098.jpg

c0093205_18411288.jpg

c0093205_18412854.jpg

c0093205_18414951.jpg


高山のような街並。
こんなBARもあったり、なかなかgoodです。。。
c0093205_18433424.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-10-15 18:44 | アート

博多経由の屋久島

博多経由、屋久島の旅へ。
c0093205_15571345.jpg


セントレアから自身初のLCC搭乗。
c0093205_15572475.jpg


エアチケット数千円!
極力経費削減、予約の仕方から、手荷物のサイズ重量まで、制約は多いが値段にはかえられない。。。
c0093205_15591971.jpg


博多では華丸大吉お勧めの店「大政」へ
雑誌Penでも紹介されたそうです。
c0093205_1604155.jpg


何度来てもとにかく街に活気がある。
水辺の発展は古代文明にも通じるのか、名古屋にはこれが欠けるのでは。。。
c0093205_1635186.jpg


中州にあるホテル「イツパラッツォ」はアルドロッシの設計。
20年前に宿泊したときより緑のスチール化粧梁が色あせたようだが、
総赤大理石のテクスチャーと、古典主義的シンメトリーなファサードは、今でも
異彩を放ち、やはり個人的に好みのカンジである。
c0093205_1683070.jpg


ひとつ残念だったのが、ソットサスや倉又史朗デザインのバーはもうなくなってしまっていたこと。
オープンからオーナーは変わってないとのことだったが、権利関係とか何かあったのか勘ぐってしまうのは自分だけか。。。
建物目当てでくる客も多いのか、スタッフが新設に当時の出版物をみせてくれた。
c0093205_16113020.jpg


シメは老舗のとんこつで。。。
c0093205_1612354.jpg


翌日は太宰府へ。
駅はタイムリーなノボリで。
c0093205_16133025.jpg

c0093205_16143453.jpg


参道にスタバ。
c0093205_16123137.jpg


これも今回のお目当てのひとつ。
隈研吾の設計。
c0093205_1616974.jpg

c0093205_1616481.jpg


木組の先端に保護がしてあった。。。
c0093205_16173415.jpg


近くに九州国立博物館があったので、こちらも建物見学。
設計は 菊竹設計と久米の共同。
c0093205_16185693.jpg


大口を叩くが、独立行政法人のこの建物、莫大な資金を投じているであろうが
建築的な魅力はほとんど伝わってこないのだ。

c0093205_16464924.jpg


そして空路屋久島へ。
こちらはJAL系のエアコミューンのボンバルディア。
c0093205_16223556.jpg


途中桜島を眼下に。
c0093205_16225712.jpg


屋久島空港。
c0093205_16242144.jpg


受託荷物受取場もローカル感がgood。
c0093205_16251761.jpg


レンタカーで島を一周約130km。
c0093205_16294312.jpg


集落がない地域は車道に鹿や、猿が普通にいる。
c0093205_16311869.jpg


地図上では海沿いの道も崖の上で島全体が一つの山であることに後で納得。
そこは鹿児島県に属するが、屋久島の宮之浦岳は1936mで、九州一高い山だと知り意外!
c0093205_16335979.jpg

c0093205_16352169.jpg


よって山には平地がほとんどなくあちこちに滝。
c0093205_16344077.jpg


温泉も沸いており、海沿いの「海中温泉」は当然露天で施設も無人。
c0093205_16372865.jpg


屋久島の夜もおつな店がちらほら。
焼き肉からのバーへ。
「散歩亭」はオーナーとの会話が楽しめ、ご当地焼酎「三岳」原酒と
トビウオの薫製はgood!
c0093205_16442118.jpg


宿泊は翌日の縄文トレッキングに備え集合場所近くにセレクト。
実は、映画もののけ姫のロケハンで宮崎駿ジブリご一行が訪れた宿だと。
c0093205_16405296.jpg


つづく。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-10-04 16:50 | 旅行

屋久島トレッキング

いよいよ縄文杉をめざしトレッキング。

標高600mの登山口まではバスであがり、標高1250mまでは片道11kmながら
時間にして5時間。
登ったら当然来た道を降りるわけで、丸一日の行路。。。
c0093205_14572818.jpg


まだ未明の足元暗いなかヘッドライトを装着してのスタート。
c0093205_14585837.jpg


今回はガイドさんについてもらい要所での解説がgood
c0093205_15616.jpg


その昔、山間部に集落があり学校もあったそうで、そこまではトロッコで物資の運搬が
あり、とにかく線路をひたすら歩きます。
c0093205_1534440.jpg


現在も登山者のためのトイレなどのメンテナンスで稼働しており、トロッコに遭遇。
c0093205_15191623.jpg


屋久杉とは樹齢1000年以上の杉を総称してよぶそうで、2時間ほど歩いたところで
徐々にうかがえます。
c0093205_15193678.jpg


前述の居住者たちはこれらの杉を伐採しつくし下山したそうで大木の切り株も
いくつか目にする事に。
その代表的なウィルソン株は、その根元に進入でき、上を見上げるとこんな
かたちの切り取られた空がみえるんです。
c0093205_15145165.jpg


歩き出して4時間ほどでようやく世界自然遺産エリアに。
c0093205_15154293.jpg


ヒメシャラの樹に杉の幹が食い込んで生育していたり自然の姿に驚きや発見ばかり。
c0093205_15202846.jpg


そして予定通り5時間かかって縄文杉。
幹の直径5.2m、周囲16.4m、諸説あるが、樹齢約3000年。
神々しいの一言。。。
c0093205_15205028.jpg


下山後は話題の送陽邸で宿泊。
最近では、TVソロモン流にも紹介され、国内外の著名人からも愛される宿。
c0093205_15292883.jpg


名前の由来は島の北西に位置するのでサンセットが望めることからくると。
食事スペースは吹きさらしで最高の景色。
c0093205_15335962.jpg

c0093205_1530029.jpg


海辺のスペースにはハンモック。
c0093205_15371858.jpg


オーナー自ら大工仕事を施し、現在も屋形舟の食事処を工事中。
c0093205_15311052.jpg


露天風呂も岩場に屋根も施され、ピクチャウィンドウのシービューが最高。
c0093205_153868.jpg


夜に入ると岩場打ちつける荒波の音量に怖いくらいの臨場感。
c0093205_1540322.jpg


客室棟もゆったりで、絶縁の碍子がハンガフックにしてあったり創意工夫が勉強になります。
c0093205_1536279.jpg


屋根は瓦ではなく板上に石を乗せる工法。折り重なる屋根が風情あります。
c0093205_15333022.jpg


早朝、浜辺でウミガメの赤ちゃんにも遭遇!
GW頃に産卵し、8〜9月頃孵化するそうで、おそらく今年最後の偶然の見納め。
c0093205_15525965.jpg


最終日、宿をあとにし島内散策。
送陽邸とはまったく異なる趣の「サンカラ ホテル&スパ」へ

隠れ家的なラグジュアリーリゾートは海を見下ろす高台にホテルに、ビラ、プールなどが。
お値段もそれなりです。。。
c0093205_1543235.jpg

c0093205_15431666.jpg

c0093205_15432767.jpg


帰路は鹿児島経由。
鹿児島空港のボーディング待ち合いスペースの椅子はイームズ。
c0093205_1545566.jpg


新たな発見と感謝の旅でした!
c0093205_15484985.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-10-04 15:54 | 旅行