moKA通信

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LABO MARKET OPEN

名古屋市南区で、住宅併設で設計させていただいたCAFEがプレオープン。
看板などなど、これからじっくりオーナーが手作りで。。。
c0093205_20105849.jpg


こちらは完成間際の写真。
c0093205_20132767.jpg


家具が入っていいカンジです。
c0093205_20195557.jpg


2階席もあります。
c0093205_2021985.jpg


厨房はコンパクトですが、アイテムは充実。フライヤーも入れました。
c0093205_20134787.jpg


薪ストーブ組み立て作業中。。。
c0093205_2015364.jpg

c0093205_20154819.jpg


この薪ストーブベルギー製で、レトロなTVのようでかわいいです。
c0093205_20183120.jpg



お店から繋がる住宅のほうにもお客さんを招いて料理教室など構想も。。
吹抜2階にあるカウンターは足を投げ出してのお勉強スペース。
お子さんが遊べる登り棒も設置。
c0093205_2024652.jpg

c0093205_202898.jpg


住宅にも薪ストーブ導入です。
c0093205_20313446.jpg


お店の案内はコチラ
お近くへお越しの際は是非!
[PR]
by mokadesign | 2013-03-31 20:35 | 建築

モード謝恩会

今年度卒業するモード教え子たちが常勤、非常勤の講師を招いて
謝恩会を開いてくれました。

c0093205_1426956.jpg


お開き後も名残惜しい。。。
c0093205_14241285.jpg





みんなの今後の活躍に期待してます!
[PR]
by mokadesign | 2013-03-27 14:26 | ライフ

貴船の家2

「貴船の家2」が着工しています。
c0093205_2012491.jpg


既設建物を解体後、整地した状態。
更地に建物が造られていく状況をレポート。
c0093205_2075399.jpg


基礎下の補強を柱状改良するため、杭芯出し確認。
c0093205_20103969.jpg


杭施工。
オーガーで土を排出し先端からセメントミルクを注入していくことで
杭が形成されます。
c0093205_2015375.jpg


基礎施工のため土を掘削。
c0093205_20164236.jpg


基礎底に杭頭が接するよう整地。
c0093205_20173553.jpg


基礎の鉄筋を組んでいきます。
c0093205_20182196.jpg


底版下に設備系統がくるのであらかじめ配管を立ち上げ。
c0093205_2019298.jpg


コンクリートの化粧壁は隣地と切迫した状況で細心の注意を。
c0093205_20201813.jpg


監督立会のもと設計配筋検査。
c0093205_2021324.jpg


若干の指摘、是正を行い無事に基礎コンクリート打設。
c0093205_20221685.jpg


今後も進捗をレポートしていきます。
c0093205_20232062.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-03-18 20:25 | 建築

篠原聡子氏講演会

週末、吹上ホールにて「ハウジング&リフォームあいち」が開催。

c0093205_10553946.jpg


その中で、JIA青年委員会として女性建築家・篠原聡子氏の講演会を企画。

講演のテーマは「変わる家族と変わる住まい」
篠原氏は日本女子大教授でもあり、家族と住まいについて研究されています。

集合住宅の間取りとして、日本は戦後51C型からの発展、さらに韓国、台北では
現地での住居調査も継続的にされていて、これらの違いは興味深いものでした。

例えば台北では、玄関ホールというものが存在せず、ドア明けたら「客庁」
というリビング的な空間があり、水廻りは2つあるのが一般的だそう。
さらに日本統治の名残か、「和室」はフロアが1段上がり布団を
敷く客間的な用途で、畳ありきではない部屋の呼び方があるようです。

家族のあり方も時代と共に変化が。

近年の出生率では、意外なことに台北が0.89、韓国では0.33%と日本よりも低い。
女性が高学歴になり社会進出が進むと出生率は下がり、社会と経済の反比例?
も感じます。

2010年、日本における世帯の調査は今やこれが実情。
・標準世帯といわれる「夫婦+未婚の子供」は全体の30%しか
・独り暮らし世帯は全体の25%(都心部の若者の独り暮らしや、高齢者独居も含む)

住宅事情も当然変化が出てきます。
あるハウスメーカーでは「2.5世帯」というふれこみで展開する商材も。
(親世帯+若夫婦世帯+結婚しない若夫婦兄弟を想定だとか・・・)

TVや雑誌ではシェアハウスのレポートもよく見かけますね。

これらの背景にあるように我々建築家の「住居」に対する考え方も
変わっていかねばというのがこの講演の主旨でした。

c0093205_10573388.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-03-05 11:34 | 建築

モード課題チェック

モード学園インテリア科3年生の卒業前最後の課題チェック。
オフィスプランの中でマテリアルの勉強に取り組んでもらった。

デザイナーは空間計画要素としてマテリアルを熟知している必要がある。

床、壁、天井から什器にいたるまで、テクスチャー表現する構成力も大事だが、
部位ごとのマテリアルには定尺サイズや大抵なんらかの下地が存在し、これらを実現
するための工法も把握しなければいけないわけで。。。

c0093205_20134338.jpg


さらなる飛躍を期待。
少々早いですが卒業おめでとう。
[PR]
by mokadesign | 2013-03-01 20:25 | デザイン