moKA通信

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

spectra with One Piece Club

あいちトリエンナーレのイベント・スペクトラナゴヤに合わせワンピース倶楽部の会合が開催。
ゲストとして初参加。

ワンピース倶楽部とは、現代アートマーケット拡大のため、最低1年に1作品(ワンピース)を
購入することを決意したアートを愛する人たちの集まり。

主宰はフジテレビOGの石鍋博子さんで、支部が名古屋と大阪に。
今回は東京の友人ギャラリストに誘われての参加だが、名古屋支部長の山本さんは
元々面識があり案内を頂戴。

第一部の会合には東京からコレクターや、キュレーター(新国立美術館)、外国人アーティストも参加。
といっても堅苦しいものでなく、皆さんアート話で盛り上がり。

c0093205_23142644.jpg


そして二部、いざ名古屋城へ。
現地合流もあわせて総勢約20人。(ダジャレンモモも合流)
さらに驚くことに現地で、トリエンナーレ芸術監督の建畠さん(現、国立国際美術館館長)が
直々に解説してくださると。

「スペクトラ」はTV、新聞でも紹介されご存知かと思いますが、夜の天空へサーチライトの矢
を突き刺す巨大インスタレーション。
9/24,25限定で名古屋城二の丸広場で開催。

c0093205_23255841.jpg


作家の池田亮司は岐阜出身、パリ在住。
日本を代表する電子音楽作家であり美術作家である。

作品は64台のサーチライトを点灯して成層圏に届くまで白色の光を照射し、
10台のスピーカーから電子音を響かせてトリエンナーレのテーマ「都市の祝祭」を表現。
夜の名古屋城広場が幻想的な雰囲気に包まれた。

c0093205_2333949.jpg


建畠さんもおっしゃっていたが、池田氏は一切メディアに露出せず、作品の解説も
しない主義だと。 
各々で感じてもらうために。。。。。

作品の真下から観上げる。
c0093205_23384054.jpg


さらにそのライトのあるゾーンまで入ることができ、ライトに手をかざしたり。
それでも照射に影響はないようで。
c0093205_23412346.jpg


一部二部共に有意義な時間でした。
[PR]
by mokadesign | 2010-09-26 23:45 | アート

庄司達展@碧南藤井達吉美術館

祝日、久々のOFF。

娘達を連れて碧南市の藤井達吉美術館へ。

c0093205_23462418.jpg

(トリエンナーレの並行企画としてもピックアップ)

現在こちらで開催中の企画展「庄司達展」の庄司先生。
通っていた大学で非常勤講師をされていて、造形の授業を受講。
(それはそれは興味深い授業で。。。)

昔よく行った一宮のレストラン織部亭や、カフェ野風間、さらには親友の実家にも
氏の作品が置いてあったりと、勝手ながら何よりその作品を好意的に観ていた。

その作品は、シワひとつなくピンと張られ、スキのない、緊張感すら覚える「布」であったり。
ヒモで吊られ、重力に従順な、柔らかなユラギを醸し出す「布」であったり。。。
前述の飲食店の内装コンクリート打放しとの対比としての「布」も面白い。

ということで今回展示の
「SHOJI KITE No.18-2」
c0093205_22522144.jpg


「吊られたスカート No.2」
c0093205_22531265.jpg


「空間軸の内と外3-航行」  (こちらは展示室内撮影NGのため図録より)
c0093205_2255328.jpg

展示室内では、この布の間かつ竹篭の中を靴を脱いで歩くことが可能。
娘達も中を歩き、足元の感触や竹の継ぎ目など興味深くみてました。


そしてこの美術館建築にも注目。
3年前に完成した新しいもので、地域の産物「瓦」の屋根を使いながら、パフォーマンス性の
ある建築という印象。
企画展の大小で一杯、決して大きくはないですが、子供向けのワークショップも継続的に
開催しているようでコンテンツもいいカンジ。

c0093205_23123513.jpg



その後名古屋に戻り、トリエンナーレメイン会場のひとつ、芸文センターへ。
僕自身はレセプションで内覧済みなので、娘たちには解説付案内。

こちらも子供の取り込みには周到で、「キッズトリエンナーレ」なるものがあります。

芸文8階には、創作アトリエ「デンスタジオ」があり、子供達が自由にモノづくりを体験可。

さらに、国際美術展では「キッズワークシート」を用意し、作品を探して観てチェックし、
感じたことを書き込んだりします。

c0093205_23451939.jpg


「ゴッホやモネは観て綺麗」、「現代アートは難しい」という感想が多いとは思いますが、
ただ見るだけでない、観る体験、感じる体験、少し考えてみる体験が文化意識の向上、
教育になると考える今日この頃です。。
[PR]
by mokadesign | 2010-09-21 00:04 | アート

草間彌生@JILL D'ART GALLERY

お知り合いのギャラリージルダールが草間彌生展を開催。

c0093205_21411997.jpg


あいちトリエンナーレのパートナーシップ事業にも参加。

お馴染みパンプキンの平面版画や立体陶器が充実。
今までに観たことがない作品もちらほら。

中でも原画が2点あり、そのうちの1つに一目惚れ。
お値段は?と聞いたら僕のアルファスパイダーと同じくらいと言われ。。。
[PR]
by mokadesign | 2010-09-20 21:44 | アート

ホームジム by antonio citterio

貴船の家で、シアターと音響をインストールしてもらったNEXTさんが住環境における
新しい提案として、伊製フィットネスマシンを導入し、デモンストレーションとして
インストラクターも来店してイベントをやられるということでさっそく拝見。

「Wellness& Smart Home」と題し、映像・音楽とウェルネスを賢く、楽しく使いこなす
新しいホームジムのスタイルを体感。

欧州トップブランドの「TECHNOGYM」の「キネシス」という商品は、伊デザインの巨匠
アントニオチッテリオによるもの。

写真のものは全体がミラーになっています。(他にレザーなどあり)
下の写真は色んなストレッチングメニューの紹介。

c0093205_1914844.jpg

c0093205_19142092.jpg


場所をとらず、6帖の部屋でも問題なし。
壁の下地補強と、電源コンセントさえあれば設置可能。
TVや音楽を楽しみながらストレッチ。
1台約120万いかがですか?
[PR]
by mokadesign | 2010-09-11 19:28 | デザイン

完成模型

moKAで設計させていただいた住宅が、時期同じく2件完成。

1件は極めてブラックに近い外観。
写真にはないパーゴラ増築がありましたが、こちらは終了。
ただ外構がまだ終わってないので、あらためて写真撮影したものは後日公開予定。
c0093205_073390.jpg

c0093205_075388.jpg


こちらは完成模型。
(模型においてもさらにパーゴラ増築予定です)
c0093205_082318.jpg


もう1件は北欧テイストにこだわった家。
こちらも落ち着いたら内観もあわせて写真撮影予定。
c0093205_084735.jpg

c0093205_09061.jpg

c0093205_092127.jpg

[PR]
by mokadesign | 2010-09-08 00:10 | 建築