moKA通信

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

モード課題~ファッション学科とコラボ

今年もモード・インテリア科「ファッション学科とコラボレーション」
課題チェックを行いました。

c0093205_0351720.jpg


c0093205_035378.jpg


CGや模型を駆使し、年々プレゼンレベルも上がってきてこちらも刺激になります。
[PR]
by mokadesign | 2009-11-30 00:45 | デザイン

シティマラソン、のちボジョレ

シティマラソンに出走。(4kmですが・・)

空は快晴、絶好のランニング日和です。

c0093205_21354083.jpg


初参加でしたが、人数の多さに驚き。
老若男女入り乱れてのスタ-トで公道は大混雑。
人の間を縫うように走り、一切のトレーニングもない割にはタイム19分30秒、
なんとかアンダー20分でした。

c0093205_21413827.jpg


午後は仕事で現場調査、その後打ち合わせで、夜になってようやくボジョレで
己の身体を労いました。

c0093205_21443232.jpg


今年は近年稀に見ぬ豊作年のようですが、ボジョレのような若いワインはやっぱり
物足りない。
’09モノの5大シャトー、1stラベルくらい買って保存しといてもいいかなと検討中。
[PR]
by mokadesign | 2009-11-23 22:01 | ライフ

貴船プロジェクト7

木造上棟後の内部の状況。

c0093205_1264822.jpg


柱は4寸角(12cm角)の桧で特1等品、KD材を使用。
通常無垢の柱には背割れを大きく1本いれますが(柱が呼吸しやすくするため)、
施工会社の特許である四方背割れ(柱4面に浅く溝入れ)とすることで、
木材のあばれを軽減。

梁は米松のKD材、土台は米ヒバの特1等です。

c0093205_1374575.jpg


柱と梁に筋違いや、金物を設置し、構造強度を確保します。

c0093205_135323.jpg


断熱材は地下ガレージ直上のコンクリートスラブ上にも施工。
木造壁内、屋根裏にも発砲ウレタン(スプレー状に直接吹付け断熱材を形成)を。
1階天井~2階床下の階層間はグラスウールマットを。

c0093205_1433622.jpg


木造部分は床下換気を促す設計のため、外気が侵入する1階床下の基礎廻りにも
発砲ウレタンを吹き、さらに根太間には成型品のポリスチレンフォームを。

床暖房はガス給湯循環式のパネルをフローリング下に施工します。
(下の写真のシルバーのパネル)

c0093205_1492986.jpg


木造屋根はガルバリウム鋼板、1寸勾配の片流れ。
軒先以外を三方壁で立上げ(パラペットといいます)、正面からは箱型のフォルムに見せます。

c0093205_1542040.jpg


タテハゼ葺きのディティールです。

c0093205_1543994.jpg


地下のコンクリート打放部分(杉板型枠)も補修を進めています。

c0093205_157128.jpg


下の写真をご覧ください。
実は点線より左は、全く杉板模様でなかったところを補修で木目を表現。
職人技です。。。

c0093205_234463.jpg


補修を終えた外壁部分は、撥水処理をし耐候性を確保。
今回採用のものは15年~20年に渡り保護します。

c0093205_275243.jpg


サンクンガーデンの階段も補修を終えました。
コンクリートの板が宙に浮いているようです。。。

c0093205_295516.jpg


サッシも枠を先行して取り付け。
玄関ドアも枠がつきました。

c0093205_2114035.jpg


枠の上方からぶら下がる線は、セキュリティ装置用と、電気錠用のもの。
当然のことながら、こういった配管類はコンクリートを打設する前に
セットしておかなければいけません。
コンクリート造の設計は現場での工事監理がかなり重要です。

次回に続く。。。
[PR]
by mokadesign | 2009-11-21 02:22 | 建築

BDP@towers

週末、上の娘の10歳の誕生日のお祝いにマリオットに食事へ。

ここ数年の恒例行事は、ちょうどtowersのイルミネーションが
始まる時期に重なり、家族の楽しみに。

c0093205_1492281.jpg


今年は四季を表現した電飾です。

c0093205_1502047.jpg

[PR]
by mokadesign | 2009-11-18 01:52 | ライフ

寺子屋1

以前紹介した寺子屋塾の1回目を開催しました。

今年は参加予定していた高校生が2人インフルエンザにかかったそうで
男子2人で1回目を行いました。

僕の塾は、建築って?設計ってどんな仕事?ってことを少しでも理解してもらい、
さらには将来やってみたいと思ってもらえたら・・という主旨で企画しました。
(二人とも大学の建築科へ進学希望とのことでした)

c0093205_23553759.jpg


c0093205_23555749.jpg


図面や模型やCGは新鮮だったようで、次の最終回は弊社設計の工事現場を
案内して、図面が実際に現実化していくプロセスを観てもらおうと考えています。
[PR]
by mokadesign | 2009-11-10 00:00 | ライフ

貴船プロジェクト6

貴船プロジェクトの上棟レポート。

地下コンクリート部分の躯体打設が終わった状態。
この上に1,2階の木造部分を組み上げます。

c0093205_123881.jpg


上棟とは、最上部の横架材である「棟木」を据えることをいい、
工程の節目、おめでたい日でもあります。

この日ばかりは棟梁の仲間の大工さんが集まり、1日掛かりで組み上げます。

c0093205_1343956.jpg


棟梁と一緒にお神酒で四方を清め、いざ着手。

c0093205_1355488.jpg


徐々に柱、梁が組みあがっていく様子は、設計者としても毎回ずっと見ていて飽きませんね。

c0093205_139163.jpg


上棟では大工さん以外に、資材を吊り上げるレッカーさんも大事な役割を担っていて
荷吊の玉掛けも資格がいるんです。

c0093205_1415593.jpg


特に現場が市街地で敷地内にレッカーを据えられない場合は、道路に横付け。
ガードマンさんには交通整理や、歩行者の安全を見張ってもらいます。

c0093205_1455490.jpg


そして夕方頃、ようやく骨組みの全貌が。

無事に上棟できたことを祝して上棟式を行い、お施主さんが大工さんたちを労います。

c0093205_156882.jpg


とにかく天候にも恵まれ、事故がなかったことに感謝。

今後は色んな職種の仕事が始まっていく状況を紹介していきます。
[PR]
by mokadesign | 2009-11-02 01:56 | 建築