moKA通信

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

磯崎新@私の履歴書

ついこないだまで日経新聞の「私の履歴書」で磯崎新のコラムが30日
連続で掲載されていた。

(新聞記事で建築や僕が興味のありそうなものがあると、妻が切り抜きしてくれ、
NHKで建築家が出演しているときも、母親が教えてくれていつも感謝してます)

c0093205_22415938.jpg

c0093205_22421921.jpg


磯崎新といえば、丹下健三、黒川紀章亡きいま、建築界の重鎮。

でも僕の中でどこかこの2人とは違う見方をしていて・・・


大分のいわゆる名士の家系で育ち、上京してからの東大生時代は、芸術家連中と
ネオダダに走っていた。

このころはまだ建築家が活躍する職域も少なく、身分も学歴もご立派でないと
建築家になれなかった時代だったと思う。

事実磯崎氏はというと、父親が亡くなったあと、まだ学生だった彼は
父の友人たちに地元の大きな仕事を依頼されていた。

かつて1人のパトロンが、1人の芸術家、建築家に継続的に仕事を与えるという
パトロネージュの仕組みは近代化の過程で失われていくのだが。。。
(良くも悪くも・・)


周知の通り、東大時代は丹下研究室に属していたが、やはり異端児だったようだ。

建築家というより、思想に重きを置く、ア-ティスト。

瀧口修造、岡本太郎、ジョン・ケージや、ジャスパー・ジョーンズとも親交が深かったようで。

近年、米国の大学で客員として招かれた教壇で、
「ジョンレノンのイマジンからプロジェクトをつくれという建築の課題をだしたりした」
とかで、自身で「建築家は教職につくべきではない」、というエピソードも。


冒頭にも書いたとおり、どこか他とは違ったインパクトを与える磯崎氏。

作品もそうだし、哲学的な思想を綴った執筆が多い建築家という印象だけが強かったが
この連載を通して磯崎氏のことが少しわかってきた気がする。
[PR]
by mokadesign | 2009-06-25 23:58 | 建築

naoto fukasawa 講演会

P電工主催の、深澤直人氏のセミナーに行ってきました。

深澤直人とは。。。
世界的にもその名が知れるプロダクトデザイナー。
MUJIのCDプレイヤー(MoMA永久保存)や、携帯AUの「INFOBAR」は周知のとおり。
「±0」ブランドを設立。

c0093205_2114137.jpg

c0093205_2115866.jpg

c0093205_2121268.jpg


数年前からP電工と密接な関係にある氏は、住宅設備である、ユニットバス、WC(アラウーノ)、キッチン
や、家電のドライヤー、マッサージチェア、また照明器具などの商品を、抜本的にテコ入れすべく、
社外ディレクターを務めていたり、ここ数年ミラノサローネでもP社とタイアップ出展しています。

セミナーでは、過去のP電工商品のデザインプロセスや、氏が考えるプロダクトデザインの思想について。

例えば、ユニットバス。
それは浴槽というアイコンを削り取るところから。
わかりにくいところから、やっていくことで意識をつくる。

具体的には浴槽と壁パネルの止水コーキングが従来8.3mmだったところを5.6mmにする、
床と壁の間の幅木を極力小さくするとか。。
一見どこが変わったかわからないような、「隅とフチ」を追及することで品質を高めています。

c0093205_2484728.jpg


こうじゃないとつくれないという製造上の理屈が、ユニットバスとはこうだ、という集団的無意識を
つくりあげてしまった。

シーズンごとに発表される新製品は、コテ先だけの変貌である(もちろん技術の向上もありますが・・)

印象的だった言葉が、「新しくしようとしない」「新しくしなくていいのでは」。。。

氏の出した答えのひとつが、このユニットバス。
昔ながらの、すのこの浴室。
でも腐らない加工をした木で。
その下に防水パンもあるのに、脱衣場とはバリアフリー。

c0093205_251972.jpg


なんら目新しくみえませんが、こうするのに相当なディスカッションや技術力が
反映されていることを察します。
日本の高レベルな技術に、集団的無意識を打破すべく発想力が注がれることで
デザインが生まれます。

自分のHPにも書いていますが、単なる造形や装飾だけでない、まさにこれが「デザイン」だと思っています。
[PR]
by mokadesign | 2009-06-16 03:16 | デザイン

minga live@日本モザイク

minga lazz liveへ。(前回のブログはこちら

翌日からツアーがスタートするのにあわせ、日本モザイクさんでのプレビューライブです。

c0093205_1134852.jpg


皆さんそれぞれのグループやソロで活動されている中での今回のセッション。
最初のうちはカタさもあったようですが、徐々に呼応しあうカンジが伝わり、
こちらも自然と体が揺れます。

ABYSSという曲は、BASSのNAGATAさんが下呂温泉のある旅館のオカミに依頼され
作曲したもので、個人的にはこれがGOODでした。
原曲はコーラス、スキャットもあるそうで、ライブ後CD購入。

東工大大学院で建築を勉強されていたという、ピアノの新澤さんも
ソロアルバムを発表されるそうで、ツアー限定版CDも購入。(サインもしてもらいました!)

c0093205_11495253.jpg


全6曲というミニライブ、箱の大きさも広すぎず狭すぎでplayersとの一体感も味わえて
毎回楽しませてもらってます。

ちなみに、この日本モザイクさんのlive house SMILE。
元々工場の一角だったところを僕が設計させていただきました。

上が工事前の工場内の様子。
下が完成直後の内観です。

c0093205_11555216.jpg

c0093205_1156129.jpg

[PR]
by mokadesign | 2009-06-06 12:00 | ライフ

貴船プロジェクト1

先日地鎮祭を終えた貴船プロジェクトの進捗報告。

計画地は元々は樹が生い茂っていたのですが、造成工事前に事前伐採。
これには理由があり、生木のまま処分するより、枯れ木にした状態で
処分するほうが費用を抑えることができます。

c0093205_185555.jpg


土地が丸裸にされたことで、現況の地形高低が一望できるようになりました。

ただし、建物計画は現状の宅盤を利用せず、基礎一体のビルトインガレージを設けるため
今見えている大部分の土を場外処分することになります。

c0093205_1113952.jpg


確認申請もようやくおりましたので、まずは間知ブロックの撤去、その後造成工事に着手していきます。
[PR]
by mokadesign | 2009-06-03 01:23 | 建築