moKA通信

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近完成した物件5

住宅会社と設計協力での分譲住宅が完成しました。

エリアは東郷町。

こちらは春木台1丁目。3棟口です。

c0093205_9422734.jpg



















c0093205_942532.jpg



















こちらは北山台3丁目。2棟口です。

c0093205_9432742.jpg



















こちらは諸輪字稲場。3棟口です。

c0093205_9434070.jpg



















販売開始もしており、既に入居している棟もありますが、若干残りもあります。

価格帯は、だいたい3千万台後半。
中庭を設けたり、採光、通風に配慮した間取りでは、と自負しております。
木造在来で構造は天然木を使用。
内装や住設も分譲候ではなく、それなりのものを採用してますよ!

東郷方面で興味ある方、是非ご一報ください。
[PR]
by mokadesign | 2007-09-28 09:59 | 建築

課題チェック

6月からモード学園で講師を始めて、最初の課題の締めがありました。

前にもブログで紹介しましたが、課題は「化粧品店」。
さらに僕のほうでテーマを絞って、メンズコスメの店を提案してもらおうと!

1つの課題で、計6回の実習があり、生徒たちの進捗をみながらアドバイスをします。
コンセプトからずっとそのプロセスを見てきたので、それぞれの完成形をイメージ
しつつ、学校は夏休みへ。
(休み中の自分の時間でどこまでブラッシュアップしてくるか期待をこめて・・)

休み明けの課題最終日は、より実社会を想定してみんなの前でプレゼンも兼ねて
発表してもらいました。

c0093205_10401534.jpgc0093205_10402381.jpgc0093205_10403280.jpgc0093205_10403925.jpg






c0093205_10404784.jpgc0093205_10405473.jpgc0093205_1041181.jpgc0093205_10411169.jpg






ありきたりの化粧品店ではつまらないので、メンズとしたのですが、期待通り
学生なりの面白い発想もうかがえました。
(オネエmanをターゲットにしたり、スポーツ向けや、シニア高級路線や
キャバクラの要素や、日本男児向けの和テイストをとりいれたりと。。。)

今回僕の方針としては、図面や、パースの技量はまだ発展途上なので、
コンセプトからのストーリー性、クライアントへのプレゼン能力も
評価しましょう!とメッセージしていたんです。

学校側としては、生徒のその後の就職活動にも影響するであろう「評価」を
きちんとしてください、ということで、心して採点はしました。(学校に居残って・・)

生徒たちも「今日は提出なのか」、「いつ評価をするのか」と、かなり意識
してますね。

責任ある「評価」。ただドライな採点だけでなく、コメントやアドバイスを
付け加えるよう、自分なりに考慮しています。

みなさんの将来に期待してます!
(毎回、僕ももっと頑張らねばと励まされてますよ)
[PR]
by mokadesign | 2007-09-18 11:04 | デザイン

週末滋賀へ

先週末、打合せがない!ということで、とっさに思いついた滋賀方面へ。

うちのカミさんがバームクーヘンが大好きで、以前TVでみたその店に
いつか連れて行ってやろうと、思ってまして・・・

そこは日牟禮ヴィレッジといって、和洋菓子の製造販売店や、カフェや、料理教室
などが集落になってて、琵琶湖近くの近江八幡にあります。

店内のガラス越しでバームクーヘンを作っている様子もみれます。

c0093205_1032726.jpg



















カフェも洋風のガーデンカフェと、和風の御茶屋があり、後者へ。
これもTVでみた本ワラビもちをいただいたんですが、ギザおいしかったです。

雨細工でリクエストしたキャラクターをその場で実演販売してくれるコーナーも
あったり、子供も大喜びでした。

そして何より感激したのが、スタッフのマナー、サービスがとにかく行き届いていること。
老舗の菓子屋だと思うんですが、会社としての教育が徹底されてるんでしょうね。
和カフェで出されるお箸は間伐材利用、箸包みはサトウキビのカスから作られた非木材
だったことも付け加えておきます。


とっさのワンデイトリップでありながら、寄り道スポットは前日にちゃんと調査済み!
一行はブルーメの丘に向かいます。

そこはドイツをテーマにした農業公園で、花の丘や、動物とのふれあい、ソーセージ等の
食べ物やクラフト等の体験教室もあります。

ボートに乗ったり、パターゴルフ(芝生の!)やったり、体験教室にも行きました。
そして実は園内に安藤設計の美術館もあるんです。
(まあこれを見るのも当然目的にあったわけですが・・)

c0093205_10292518.jpg




















完成してだいぶ経ちますが、照明器具が一切ない、日没閉館の美術館
ということで、こちらもいつか見に行こうと記憶してました。

園内の奥にあり、ブルーメ目的のファミリーはほとんど立ち寄らないことでしょう。
管理がきちんとされておらず少し寂しい感じもしましたが、安藤のディティールは
垣間見ることができます。

と、まあ休日を満喫したわけですが、家族連れのかたにはお勧めの行程です。
是非行ってみようというかた。
一報くだされば、綿密な?スケジューリングを伝授しますよ!!
[PR]
by mokadesign | 2007-09-11 10:45 | 旅行

UEFA CL開幕と・・

待ちに待った欧州サッカー・チャンピオンズリーグのシーズンがやってきた。

プエルタの訃報もあったセビージャも、遅れてグループリーグに名を連ね、
全32チームが激戦を繰り広げることに。

今回は強豪がうまくばらけた組み合わせになったが、注目はD組とE組かなと。

D組では我らが中村俊輔(率いる!)セルティックが昨シーズン覇者ミランとの
雪辱戦に挑む。
E組はバルセロナ以外では、昨年の各国リーグ覇者が2チームも。

まあどこの組も見逃せないんですけど。。。
朝3時起き生活のために耐力つくりをせねば!?
(それと同時に夜中に目覚ましかけて、カミさんには申し訳ないでして・・)

c0093205_1103349.jpg



それはそれで、あるコラムの記事が目に付いたので少し紹介。

冒頭に触れたプエルタという選手。
スペインリーグの開幕戦の試合中に突然倒れ、一旦は意識が回復したものの
帰らぬ人になってしまった。
将来も期待される弱冠22歳。ご冥福をお祈りします。

そのコラムではチームドクターのあり方に警鐘。
ほとんどのクラブにはドクターが常駐しているが、彼らはまるで、
リングの端でボクサーを見守る”コミッション・ドクター”のようだ!という。

ボクサーが出血したり負傷しても、まさかの事態に備えて彼らを
守ることより、試合を続行することを選択する。

サッカーでも、観客の前では選手もドクターも試合優先。
プエルタという選手は心臓に持病を持っていた、ということもあとになって判明。

欧州にしても南米にしても、サッカーはビッグビジネス。
例えば、シ-ズンオフの移籍話。
「AチームがBチームから、C選手を移籍金○○億で獲得」
C選手すごい価値!とかそういうことだけど・・・
でも言い方かえれば、ある意味、人身売買!?(語弊はあるけど・・)

コラムの最後はこんな締めくくりでした。

~FIFAは選手が直面しているこうした問題をもっと重要視し、各団体に
 プレッシャーをかけるべきだ。
 そして我々も、この問題のすべてを医療関係者だけに委ねるのではなく、
 社会全体の責任としてとらえなければならない。
 市場原理やスペクタクルの追求に偏るのではなく、選手の真の健康のために。
 健康を損ねれば、スペクタクルの質も下がるのだから~
[PR]
by mokadesign | 2007-09-06 01:52 | 欧州サッカー