moKA通信

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LIVE at SMILE

5/28 以前、設計のお手伝いをさせてもらった、友人が経営する常滑の「日本モザイク」さん
主催のJAZZライブに行ってきました。

設計というか、元々あった一連の工場施設の改修などを提案させてもらった
わけなのですが、その中でも工場の部品置き場だった一角が、新たに
「レクレーションルーム」として誕生。

3月に工事がひと段落して以降、スタッフの交流の場として、JAZZ愛聴家の
社長(お兄さん)のオーディオルームとして活用いただき、友人からも宴会の
様子を写メで送ってもらうたびに、感激の返信をする次第でした。

そして今回は、社長の「顔」で集まったプロのミュージシャンの生ライブという
こけら落としにお招きいただき、うちの新人スタッフを連れて行ったわけです。

JAZZ SPOT 「SMILE」と命名され、入り口に看板までつくられた空間は、
さながらJAZZ CAFE!

演奏は「minga」という、Sax早坂紗知、Piano新澤健一郎、Base永田利樹、
Perコスマス・カピッツアの4人メンバー。

mingaには「共同作業」という意味合いがあるとのことで、常に色んなミュージシャンが
加わったりと、音楽好きの集まりといった感じのようです。
(その感覚がうらやましい!)

紅一点リーダー?の早坂さんのパワフルなSaxに圧倒。
ボサノバ調のノリがよい曲もあり、満員の観客は魅了されました。

c0093205_2205843.jpg




























c0093205_2219100.jpg



























先週末も栄のLovelyで2Daysをこなした後で、翌日は京都に、次は広島に、
その次は山口にと、全国にそのうねりくるリズムを、ビートを響かせに!
カッコいいっす!

自分の好きなことを生涯かけて、生演奏の臨場感、楽器との真剣勝負、
奏でるビートで、初めて聴く人たちさえも魅了する。

音楽でなくても、自分には、人を感動させる、こんなパワーがあるのか?

色々考えちゃいました。。。





まあでも、こんな形で人が集う場を、提供することができて、設計者冥利につきます。


最後に。

伊奈ちゃんお誘いありがとね!
[PR]
by mokadesign | 2007-05-30 02:50 | ライフ

白組優勝!

前回に引き続きサッカーネタでお送りします。

5/23 アテネオリンピックスタジアム(カラトラバ設計)で、欧州サッカークラブの
頂点を決める「チャンピオンズリーグ」決勝が行われた。

奇しくも対戦カードは、2005年と同じ、イタリア・ACミランvsイングランド・リバプール。

このときは、前半で3点リードしたミランが、後半追いつかれ、PK戦の末敗れるという
まさかの結末。
ミラニスタとしては、屈辱を味わったのでした。

抽選の結果、ミランは決勝でホームの扱いを受けることになっており、
ロッソネーリというチームの愛称の由来にもなった赤と黒のユニフォームの使用が
可能だった。
しかし今回も、2005年決勝でリバプールに敗れた時と同じアウエー用の
白いユニフォームを選択。

ミランは過去に欧州チャンピオンズカップを6度獲得。
そのうち、5度の決勝では、いずれも白いユニフォームを着用して優勝した。

まさに、縁起がいい白ユニフォームの雪辱戦なのである!


一方のリバプールは、伝統的な赤のユニフォームで好成績を残す。
2年前の決勝以外にも、過去4度の決勝では赤のユニフォームで優勝。
ミランにとって不吉なのは、リバプールはいずれも白いユニフォームを着用した
チーム相手に勝利した点である。


何はともあれ、個人的には、ミランに勝って欲しい。
38歳現役の、主将マルディーニが、ビッグイヤーを掲げる姿をまた見たい!

c0093205_2432263.jpg





















↑ 伊達男!カッケー!
  ビエリ(イタリアの重戦車と呼ばれてた)って選手と「SWEET YEARS
  っていう服飾ブランドもやってます。
  (ビームスなどで取扱い)






結果は。。。







c0093205_2442882.jpg





















白組優勝です!
[PR]
by mokadesign | 2007-05-25 03:05 | 欧州サッカー

FA CUP

5/19サッカーの母国イングランドで、伝統のFA cup決勝が行われた。

FA cupは、1871年創設の世界最古のCUP戦。

ゴルフでいう、THE OPENみたいなものといえばよいでしょうか・・

今年は屈指の好カード、マンチェスターU vs チェルシー!!
(これを観たいがために、スカパーのフジテレビ739を事前に追加契約)

マンチェスターUは、今年のプレミアリーグの覇者。

片やチェルシーは、前年のリーグ覇者。
今年もカーリングcupを制し、しばらく前の状況では、4冠
(カーリング、プレミア、FA、チャンピオンズリーグ)も
可能性ありだったわけです。

そして、前者のマンチェスターUは、監督のSir アレックス・ファーガソンが
自身6度目、ギグスが5度目の優勝を懸けて。

c0093205_18482291.jpg
















後者のチェルシーは、チームとしては、7シーズンぶり4度目、
監督のモウリーニョは、以外にも初の優勝を懸けての戦いとなった。
(モウリーニョはつい先日、愛犬の検疫をしなかったことで逮捕されたりと
相変わらずのお騒がせぶり・・・)

そして、舞台となるのは、聖地ウェンブリースタジアム。
ゴルフでいうなら、セントアンドリュースみたいな場所・・・

築70年以上のスタジアムは、7年前に老朽化による改修工事に着手。
スタジアムの真上に、地上133m、虹のような巨大アーチが架かり、9万の収容人員。
今回が新生ウェンブリーのこけら落としとなったわけです。

伝統のカップ戦、スター揃いのチーム同士、聖地での開催、超満員の観衆、
まさに舞台は整った!というシチュエーション。

鳥肌ものです。。。

オープニングセレモニーには、ウィリアム王子も駆けつけ、選手一人一人と
握手をしたりと、Royalな雰囲気に包まれ、キックオフを迎えたのでした。



サッカー小僧としては、もう、どちらに勝ってほしい、とかいうレベルではなく。。。

案の定、試合は序盤から緊迫ムード漂う試合運び。

前後半90分では決着がつかず、延長へ。

そして延長後半ついに!







結果は。。。。。







c0093205_191067.jpg




















です!

アブラモビッチおめでとう!
[PR]
by mokadesign | 2007-05-20 19:08 | 欧州サッカー

ミッドランドでお祝いデー

5/8は、妻のうんじゅう、うん回目のバースデー。

今年はミッドランドスクエア42F、オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ
食事に行ってきました。(子供たちは親に預けて・・)

c0093205_0192112.jpg













3月のOPEN当初は連日満席で、5月ならとのことで、早々に予約を。

仏の三ツ星と、ひらまつのコラボレストランであること。
インテリアを森田恭通が担当していること。

・・・が、行ってみたいなと思わせた要因です。

まず食事について。

1品目。エスカルゴをフリットでいただくのは初めて!

2品目。フォアグラポワレが、フワフワトロトロで!
     特にポルト酒の味付けが美味でした。

3品目。なんとグルヌイユ(カエル)のモモ肉をムースで包み込んで!

4品目。仔牛のロティ。背油で巻いて焼いたもので超柔らか。

そしてデザートは、チョコガナッシュをパリパリ生地で包んだもの。(←これお気に入り)
お店の計らいで、妻の皿にはチョコでつくったお祝いメッセージが。

c0093205_0495830.jpg

























「Joyeux anniversaire」→幸せな誕生日  だそうです。
(なんか ~ann~ が~arn~ になってるような気がしますが・・・まあ感謝感激)


それからインテリアについて。

森田氏お得意のシャンデリアが木製でして!

c0093205_103829.jpg


























吹抜け空間に間接照明の柔らかな光。
壁面の、木製かセラミックの変化のある幾重ものラインに、陰影が生まれ、
これらを背景に、ドデカクで重厚な、でも威圧感を抱かせない、木製のシャンデリア。

夜景を望む窓も、席についた状態で見下ろせる、見渡せるよう、ガラスが床面から!天井
までのカーテンウォール。

c0093205_1112877.jpg













総合的には話題性もあって、悪くはなかったと思いますが、
照明も明るめで、ホールも見渡せちゃう感じで(他の客と目が合う合う・・)、
調度品など、タワーズミクニと比べると、少々カジュアル感も否めないかな。

タワーズみたいに最上階へ行く特別感?が実はあまりなくって、スカイプロムナードへ
行く見物客と鉢合わせになるし、店には某自動車会社関係?風、団体のおじさんたちが
大勢居たせいもあるかな。

よく考えたら窓側の丸テーブル席なのに、ホール側向いて座らされてた。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。目障りな能書き失礼しました。


ともかく、うんじゅう、うん回目のバースデーおめでとう!!
[PR]
by mokadesign | 2007-05-09 01:56 | ライフ

GWキャンプ

GW 5/3~4にて岐阜の福岡ローマン渓谷キャンプ場に行ってきました。

去年住宅の設計をさせていただいたお施主さん(Kさん)とは、同い年で、さらに
子供の歳も近いこともあり、その後も家族付き合いをさせてもらっていて、
今回は親子総勢9人で。

2週間ほど前に決まった話にもかかわらず、奇跡的にバンガローの
空きが2棟みつかり、ラッキー!
あいもかわらず旅の準備好きの私が、「旅のしおり」と「持ち物分担リスト」を
こしらえて、当日まで指折り数えるくらい、ワクワク度もUP。

キャンプのメインイベントであるBBQは、うちがバーナー担当で、Kさんが炭担当。

実は奥さんの弟さんが、新栄と納屋橋でむさしという炉端屋さんを経営されており、
タレから、焼き加減まで直伝!?
(奥さんがたまに仕込みの手伝いをすることもあるそうです)

お肉もお店の仕入先から直接買ってきたとのことで、厚切り霜降り肉は特に最高!
屋外で特設炉端屋OPENとなり、大感激でした!!

私はかなり久しぶりにパエリアを披露。
妻も、生地からこねて、フライパンでつくれるピザを。
(これ、屋外でも以外にお手軽につくれてお勧めですよ!)

c0093205_146207.jpg





























なんだか自分がつくったものだけ、ちゃっかり写真に収めて失礼しました。
前日の買出しでムール貝が見つからなかったのが、心残りです・・・

次の日の朝食は、バケットパンでフレンチトーストを。
これもまた最高においしかったです。

食事のことばっかりでしたが、キャンプ場の施設も充実していて、すぐ横に
付知川もあり、初めて行ったところでしたが、なかなかよかったですよ。

そのあとは、近くの恵那峡ワンダーランドへ。
ローカルですが、子供たちもまだ小さいので、ちょうどよく遊べる遊園地でした。
ちょうど限定開催中の「おでんくんショー」も観れたし・・・

c0093205_2103346.jpg





























そんなこんなで、大人も子供も大満足の二日間でした。

Kさんまた行きましょうね!!
[PR]
by mokadesign | 2007-05-06 02:15 | ライフ