moKA通信

<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

N邸完成

天白区梅が丘にてN邸が無事完成しました。

Nさんは、およそ1年前弊社HPをインターネットでみられて問い合わせいただいたお客さん。
それ以前にもHPからの問合せは何件かありましたが、実際に完成まで至った第一号の客さんで、
こちらとしても喜びひとしおです。

(余談ですが、この時期、学生の方から、オープンデスクは?採用予定は?なんていう
問い合わせもちょくちょくありまして・・・)

引越しを終えられて、しばらく経ったあとに訪問。
竣工祝いも兼ねて完成模型をつくってプレゼントしました。

c0093205_18451889.jpg





















c0093205_1845341.jpgc0093205_1846365.jpg















模型は1/100スケール。着色は当然の上、アクリルのケ-ス付です!


c0093205_19341857.jpgc0093205_19342859.jpg














今回のお施主さんからのリクエストは、一言で集約するなら「ちはる」「雅姫」スタイルの家。
(わかる人にはわかると思いますが・・)

新建材でピカピカにつくるより、自然素材で年月が経っても味のあるテイスト。

外部は、レッドシダーの板張や天然の乱形石、職人の手作業による塗壁に
アンティークレンガ。

内部は、床はパインの無垢材、壁は珪藻土、ところどころに躯体の柱や梁を
見せています。

雑貨好きの奥さんが、ガラス細工の照明や古材の造作棚や鋳物のドアの取手まで、
お気に入りのものを自分で探し回って購入され、工務店に設置してもらいました。

c0093205_21175486.jpg




































家具が揃ったら、後日改めて写真を撮らせていただき、HPにアップします!

工務店のT建設さんもお疲れ様でした。
[PR]
by mokadesign | 2007-03-25 21:39 | 建築

中国琵琶コンサート

3/18(日)中国琵琶のコンサートに行ってきました。

取引先の会社が主催したもので、去年に引き続いてご招待を。

今回は 琵琶   涂 善祥
     揚琴   沈 兵
     中国箏  姜 小青
     ピアノ   マリー・リー 
     ソプラノ  矢野 留美 の5人の楽団で構成。

僕自身、中国楽器は馴染みが薄いのもありますが、その音色に興味津々で
特に琵琶は弦楽器とは思えないほど色んな弾き方を披露いただき
JAZZからカンツォーネ、日本の歌謡曲から映画音楽まで楽しませていただきました。

実は涂先生のご自宅のリフォーム計画をやらせていただいていまして、
せっかくですので涂先生の略歴を簡単に紹介します。

中国上海音楽学院民族器楽部琵琶専攻卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。

1970年よりプロ琵琶奏者として音楽活動をはじめ、中国各地で
コンサート、テレビ、ラジオで活躍。

多数の受賞歴を持つ国家一級演奏家。

1988年中国音楽家として初来日、1989年再来日。

中国琵琶に現代電子音楽を取り入れ、音楽家・喜多郎氏と日本や中国各地にて数々共演。

2000年には5カ国12都市ワールドツアー開催ほか、日本縦断6300キロ地球温暖化
防止チャリティコンサートツアー、阪神大震災復興支援、国際難民支援、中国大洪水
災害復興支援、留学生の支援、愛・地球博中国館でもコンサート開催など、積極的に
活動しています。


c0093205_071346.jpg





















念のため、写真はすべての演奏が終わったあとに、今なら支障ないかなと
自己判断の上、ノーフラッシュで撮影したものです。
[PR]
by mokadesign | 2007-03-20 00:16 | ライフ

ミッドランドでホワイトで~

昨日名古屋駅前の民間機関で建築確認申請を済ましたあと、
先日全館オープンしたばかりのミッドランドスクエアを覗きに行ってきました。

地下街からアクセスするといきなり、入場制限して順番待ちの列をなす店が!
(平日の昼間なのに・・)

これがまたショコラティエで。。。「PIERRE MARCOLINI」

カミさんへホワイトデーのお返しチョコ買ってこっ!と思わず並んでしまいました。

人気のエクレアは売り切れ残念。
チョコも結構いい値段。

でもそこの店で、いまやっているお客さんのオフィスの改修(デザイナーズオフィス!)
で使おうと思ってたラインカーテン(ヒモ状の・・)と同じものがあり、こんな風になるのかなと
インテリアにも興味津々でした。


「DEAN & DELUCA」も入っていて、娘たちにもチョコとグミを買いました。

c0093205_126973.jpg






















ほかにもブランドショップやハイジュエリーショップが軒を連ねる中、こんなとこも
入れるんだっていう地元のアパレルも入ってた。。。コネ?

さすがに仕事中なので展望フロアまでは遠慮しとこうっと。


そいえばこのビルも特殊な構造だったな、と以前新聞記事で読んだことを思い出した。

建物の真ん中を、鋼板のボイドコアが通ってて、これが地震の揺れにしなやかに抵抗する。
人間でいう背骨みたいな役割をする筒状の小さな吹抜けとでもいえばよいんでしょうか。
ほかにも揺れを低減するダンパーや、揺れを相殺する吊おもりなど構造面では色んな
「仕掛け」がされてるんです。

c0093205_1411522.jpg


































詳しくはこちらで。

いやはや、地元に住みながらも活気を感じる名駅前周辺。
以前勤めていた会社時代に設計した同じく駅前の8階建てビルなんか高層ビル群
の足元にも及びませんわ・・・

当面ではモード学園のスパイラルタワーの完成が楽しみです。
[PR]
by mokadesign | 2007-03-14 01:56 | 建築

我が家にdysonがやってきた

家電も10年経つと、寿命を向かえ去年あたりから
買い替えの波が押し寄せている。(洗濯機、電子レンジ・・・)

先日も掃除機が突然動かなくなったと。

一時は息を吹き返し2,3日稼動したが、とうとうウンともスンとも。

家電選びについては、いくらカッコよくても機能が備わっていないとダメ!
ってことで妻に一任している。
特に掃除、洗濯とか、衛生面については、うちの妻は相当神経質で
こんなエピソードも紹介しておこう。


・掃除機をかける前に毎回、毎日必ず吸い込み口を濡れティッシュで綺麗にする

 (汚れた吸い込み口で床をなでたら余計汚くなるとのこと)
 (でもその濡れティッシュは棚の上におきっぱなしのことが多く、他にはダイニングテーブル
  の上に雑誌がほったらかしでもそれはあまり眼中にないらしい
  →僕は反対に見た目が散らかっているのがイヤで床の埃は気にならないというか・・)

・洗面所のハンドタオルは僕、妻、娘2人ともに別々で、バスタオルは当然。
 (しかも子供のバスタオルは毎日、太陽にあてて自然殺菌。僕のはかけっぱなしで・・)

・脱衣も3段階にランク付けされている。

 ①子供、妻の服 ②僕の服、妻、子供の靴下! ③僕の靴下
 ってな具合で脱衣カゴが別々で、小分けして洗濯しているのだ。
(そう!僕の服の上に、みんなの靴下が無造作にポンって投げ入れられるのだ!悲しい!?)

・ちなみに妻のお母さんも相当で、観葉植物の葉っぱを一枚一枚拭くらしい。しかも毎日。



そんな妻が吟味したあげく、dysonを買ってきた。

機能としては吸引力のこともあるが、排気が出ないというのが一番重要だったらしい。
(今までの掃除機って、かけるとその排気が臭いですもんね!)

僕はあまり掃除機をかけないから、見た目のデザインを見入ってしまった。

c0093205_1629559.jpgc0093205_16291533.jpg
























イギリスには「ダイソンする」という言葉があるらしい。

「自分の発明を、デザイン+設計+製造+市場に送り出す」という意味なのだと。
お察しのとおりダイソン掃除機の開発者のジェームズ・ダイソンの名をもじってのこと。

そもそも彼自身が自宅の掃除機がすぐ吸引力が下がってしまうことに我慢できなくて、
開発に着手。
約5000もの試作品をつくり、いくつも修正を施し、何万回もテストした。

ダイソンの製品には、スタイリングのためのデザインはない。
機能の追及がそれぞれの素材や形を決定したというのだ。

だいぶ前に何かの書籍で、「デザイン」とはラテン語の語源によると
物事を整理整頓するという意味、ということが書かれていたことを思い出した。

建築設計の仕事にも当然通じることで、背筋が伸びる思いである。





「吸引力の変わらない掃除機。すべての素材、色、形には意味がある」
                     
c0093205_16225365.jpg 
by James Dyson
[PR]
by mokadesign | 2007-03-11 16:53 | デザイン

3月3日は

雛祭り。

娘が二人の我が家では、一大行事のひとつです。

前々から雛祭りにはケーキを食べに行こうね、と約束していたので
西区のレニエに行ってきました。

着いたら列をなして大混雑。
イートインでお茶でもと思ったら、white day翌日の3/15まで大忙しでカフェも閉鎖
とのことです。

仕方ないので本店横に新設されたショコラトリ「セヌフォ」でチョコを。
カフェ「ブールジョン」で雛祭りのラウンドケーキを買って帰りました。

c0093205_10335458.jpg















↑「セヌフォ」は長谷川パティシエが、「蚤の市」で出会ったコートジボワールの部族の仮面が
 きっかけで、カカオの産地、アフリカにヒントを得た、店構えになっています。


このあと帰るのも何なので、この時期ストロベリーフェアをやっているキャッツカフェに直行。

みんなそれぞれ違うストロベリーパフェを注文。
パフェなんて何年ぶりか!でしたが、なかなかおいしかったです。

c0093205_10412476.jpg















娘たちには、まだまだ有名シェフのケーキより、こっちの方がよいみたいです。

家に帰り、夕食はチラシ寿司に、かき揚げ、大人はワイン。
食後には、しっかりレニエのケーキをいただきました。

c0093205_10472790.jpgc0093205_10475566.jpg
[PR]
by mokadesign | 2007-03-04 10:54 | ライフ