moKA通信

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

映画と、ドラマと、はたまた現実!?

先日の「007」ブログの続編的投稿なんですが・・

ジェームズ・ボンドが英国諜報部員なら、
ジャック・バウアーは米国連邦捜査員でありまして。

はい。私「24」フリークです。
最新版シーズンⅤ(ファイブ)も先日ようやく見終わりました。

c0093205_2455593.jpg















どうもこの手の陰謀、サスペンス、ミステリー系連続TVドラマに弱くて
学生の頃の「ツインピークス」から呪縛にかかってます。
(だからビバヒル青春白書とかERにはあまり興味がなくて・・
トゥルーコーリングも制覇しましたよ)

私の周りでは、以外にシリーズ全部観てます!って人が少なくて皆さん
途中で脱落?するみたいで。。もっと共鳴したいんです。

24フリークなら是非「診て」欲しいのですが、この
THE 24 CLUBファンサイトでは「あなたはドラマ中の誰?」って
キャラクター診断もあります。
ちなみに私はトニー・アルメイダでした。。。

今回は一件落着とみせかけて、確実にシーズンⅥへと続くエンディング。
映画007シリーズと並んで次回作が待ち遠しい限りです。

まだ観てなくて、観るつもりの人はこの先読まない方がよいのですが・・
今回も話の大筋としてあるのがテロリストとの戦い、しかもこれが
米国大統領主導による陰謀というシナリオ。

007シリーズがいわゆるスパイ映画なんだけど娯楽のエッセンスがあるのに
対して、24はシリアスでより現実的なドラマであって、実はこれらにも増して、いま
私の興味の対象にあるのが元ロシアFSBのスパイ、リトビネンコ氏が毒殺された事件。
しかもプーチン大統領の陰謀ではないかとメディアが報じている超現実!

「強いロシア」の再建を標榜するプーチンは自身の強いリーダーシップをもって
中央集権化を推進。権威主義的で、ときに「皇帝」といわしめる彼もまた旧ソ連
KGBの諜報部員だったのです。
大統領就任直後からチェチェン制圧の口実に自ら主導したテロを彼らの仕業に
見せかけたとか、反プーチンを訴えるジャーナリストらだけで、これまで100人
以上が死亡、若しくは行方不明となっているらしい。

c0093205_395090.jpg














どうですかこの事実。

ただ色々調べてみるとこんな見解をするジャーナリストもいます。

・リトビネンコ氏を露見するような手法で、放射性物質を用いて暗殺することで、
 「ロシアはソ連と変わらぬ恐ろしい国だ」という印象が強まるだけで、プーチン政権
 は何の得もしない。
・ロシアが本気になってリトビネンコ氏を始末してしまおうと考えたならば、中東か
 北アフリカあたりの観光地におびき寄せ、交通事故の形で処理してしまえばよい。
 事実、諜報業界での暗殺は現在も交通事故、自殺の形で処理されることが多い。
 薬物暗殺などという、確実に捜査に発展するような手法は避ける。
・プーチン大統領主導によるFSBが黒幕ならとてもお粗末な事件である。
・米帝の陰謀ダ!と言い出す市民団体さんはいつ頃登場するのか。

・・と、こんなことを書いている私も抹消されては大変なのでこの辺でやめます。

できることなら、ジェームズ・ボンドとジャック・バウアーに潜入捜査してほしい
ものです!
彼らが組めば絶対真相究明してくれるはず!!
[PR]
by mokadesign | 2006-12-23 03:16 | ライフ

仮面パーティー

今週初めからノロウィルスに侵されて投稿が遅くなったのですが・・

先週末大須のとある伊レストランで開催された「仮面パーティー」
に行ってきました。

イベントプロデューサーが毎回西洋式スタイルをテーマに定期的に
開催している企画で、今回は伊ベネチアスタイルのパーティーを。
(ちなみに前回は中世ヨーロッパ・ルードヴィッヒ2世の幻想・デカダンススタイル!?)

本場の仮面着用で煌びやかなドレスの女性や、全身シャネラーの男性
(しかもペットのホワイトタイガーを引き連れて・・縫ぐるみなんですけど・・)
など見ていて楽しかった。

僕たちは「ダジャレン」なるメンバー4人で。(忘年会兼用)
しばらくするとメンバーそれぞれが知り合いに遭遇。
名古屋は狭いです。。。

プログラムではファッションショーやライブもあり、協賛のMoetからは
シャンパン売りの萌えガール?失礼、、Moetガールも送り込まれてて
なかなか楽しい雰囲気でしたよ。

他人様にあまりカメラ向けては失礼なのでまともな写真がとれなくて
雰囲気をつたえられないのが残念です。

c0093205_12145668.jpg
c0093205_1215756.jpg
[PR]
by mokadesign | 2006-12-16 12:22 | ライフ

007

昨日常滑で現場打合せを終えた後、憧れの人?に会いに
劇場に行ってきました。

その人の名前は、ボンド・・・ジェームズ・ボンド。

原作者イアン・フレミングの第一作である「カジノロワイヤル」。
(実は’67にショーンコネリーが主演した同名映画があるのですが
これは公式のものでなく、パロディ扱いになってます)

本作からの新ボンド役ダニエル・クレイグ、正直あまりよく知らなかった役者
なんだけど、前作までのピアース・ブロスナンに比べると、泥臭く粗野で
骨太な肉体派ってカンジ。
この「カジノ・ロワイヤル」は‘007’としての初任務という設定なので、
まだまだ荒っぽい洗練されてないボンドという意味では、ピッタリなのか。
とにかく、メカや小細工なんかより、走る、戦う、体力勝負という印象。
(Qも登場しなかったし・・残念)

c0093205_16382826.jpg



憧れの人「ボンド」を誰がどう演じるかは、僕にとってはとても重要なのです。

知的でスマート、ウィットに富んだ会話、さらりと敵をかわし、
美女とアバンチュール(←ここだけで解釈しないで下さい!?)

やっぱりボンドはショーン・コネリーですね~

車はアストンマーティンDB5、時計はロレックス・サブマリーナ、
酒はマティ-ニ(しかもウォッカベースでシェイク)、
スーツはブリオーニに、靴はジョン・ロブ。。。
(歴代ボンドで色々変わってますけどね)

格好だけでも真似したいものです。
本作ではDB5と最新のDBSが登場し、シビレました。
いつかはアストンマーティン!!

c0093205_16384635.jpg


ピアース・ブロスナンの初作品の時もその配役にかなり抵抗を
憶えたんですがそれ以降だいぶ馴染んできたかなと思いかけて、本作品。

(決して悪いとは言わないですよ・・)

次回作も待ち遠しい限りです。
[PR]
by mokadesign | 2006-12-09 16:42 | ライフ

X'mas準備

伊旅行から戻ってからというもの、たまった仕事に追われて
ブログもご無沙汰になっておりました。

そんな昨日、仕事を終えて家に帰ると、僕の机の上に娘から銀杏の
葉っぱのレターが。

「クリスマスのそとのかざりつけてね」

家の中は11月の中旬くらいからクリスマスムード一色。
既に娘たちがいたるところにツリーや飾りつけを済ましておりまして。

娘の説によると我が家には大中小あわせて、ツリーが6つ
サンタは10人もいるそうです・・・
(まあ親指大程度のものもありますが、確かに確認しました)

玄関先の外の飾り(そんな大掛かりではないですが・・)
は毎年僕の担当で、さすがに12月になったから
催促されてしまったという訳です。

「明日は帰ったらやるからね!」といって今日は打合せが
終わって、慌てて帰宅。
もう暗くなりはじめてからだけど、急いで飾りつけを完了しました。

遅くなってゴメンね。。。


c0093205_22342495.jpgc0093205_22345273.jpg










c0093205_2235999.jpgc0093205_22352071.jpg
[PR]
by mokadesign | 2006-12-03 22:38 | ライフ