moKA通信

カテゴリ:ライフ( 135 )

merry christmas!

from Singapore

c0093205_1958153.jpg

c0093205_19583948.jpg
c0093205_1959517.jpg
c0093205_19585998.jpg
c0093205_19585030.jpg


from my home
c0093205_19593541.jpg

[PR]
by mokadesign | 2011-12-25 20:00 | ライフ

ミレニアム by スティーグ・ラーソン

ミレニアムにハマりました。

c0093205_052234.jpg


北欧スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンが書いたミステリ小説。

全世界で6000万部の売り上げを記録した三部作。

本国スウェーデンでは人口900万というなかで360万部の売れ行き(3部作合計)

2005年の発売後、ようやく文庫化。
これを記念して早川書房では公式サイトも。

本国では2009年映画化もされており、国内映画としては最高レベルの観客動員。
(DVDも出ております!)

そしてついに「ミレニアム1・ドラゴンタトゥーの女」がハリウッド映画化。
2012年2月日本公開!
しかも、監督デヴィッド・フィンチャー、キャストにダニエル・クレイグ(ボンドです)
というから話題にならないわけがない。
おそらく年明けになればあちこちで宣伝をみることになるでしょう。

今から読み始めて、本国版映画DVDも観た上で、それからハリウッド版を観るとよいのでは。。。
[PR]
by mokadesign | 2011-12-13 01:23 | ライフ

ウィンターイルミネーション

なばなの里のウィンターイルミネーションを初鑑賞。

エクステリアライティング設計の参考になればという思いもあり来場しましたが
スケールが大きすぎますね。  (娘たちの接待、ということで。。。)

施設全体で630万球の電球は国内最大級とのこと。

「光の回廊」は全長200m。
ここだけで120万球の電球を使用。
でもLEDでなく白熱球なんだそうです
(これができたのが2006年ということでエコスピリッツよりも。。。)
c0093205_03025.jpg




こちらの「光の回廊」は全長100mで、LED電球70万球使用。(こちらは今年からお目見え)
LED電球の一つ一つが明るさと色の組み合わせで七色も変化し、宝石を
散りばめたような煌びやかな世界が広がります。題して『宝石箱』。
c0093205_0334923.jpg




テーマイルミネーションは「日本の四季」
季節によって千変万化する風景を、大自然を舞台に、最新LED技術と
特殊イルミネーション効果で日本の美しい四季の移ろいを表現。

モチーフにしているのは東北地方の壮大な大自然と、東北の桜の名所の中
でも有名な「一本桜」〔エドヒガン〕。


c0093205_0374494.jpg



c0093205_038242.jpg



c0093205_0381514.jpg



c0093205_0382971.jpg

一連の風景描写はなかなか感動的です。



光の雲海は一面ブルーLED
c0093205_0421857.jpg





アイランド富士に乗ると地上45mの上空から施設を眼下に見下ろせます。
c0093205_0441369.jpg

[PR]
by mokadesign | 2011-12-12 00:55 | ライフ

FIAT X'mas オーナメント〜自宅飾付

愛車Spiderのメンテナンスを兼ねて名東ディーラーへ。

ちょうど東北復興支援イベントを開催中。
これは、FIAT+ALfaRomeoが「東北グランマプロジェクト」をサポートしてますというもの。

詳しくはこちらで。

東北のグランマが、復興の願いを込めて一つ一つ丁寧に作られたクリスマスオーナメント
をいただきました。
娘たちも連れて行ったので二つも! 

c0093205_22533592.jpg


さっそく帰ってツリーの飾り付けに追加。
オーガニックコットン製でかわいい!これから毎年飾ります。
c0093205_22542413.jpg

Harrodsのは、2004年冬ロンドン旅行の際、本店で購入。
デパートの3フロアほどがすべてX'masオーナメント類の商品だったのには驚き。。。

我が家もX'masモード全開!
c0093205_2335772.jpg


BE@R BRICKもハロウィンから衣替え。
c0093205_2361116.jpg


他の飾り棚。
c0093205_2371885.jpg


トイレ。
c0093205_2375868.jpg


ガラス扉。
c0093205_238525.jpg


玄関ポーチ。
c0093205_2395288.jpg

c0093205_2310956.jpg

[PR]
by mokadesign | 2011-12-04 23:12 | ライフ

レクチャー@桑名西高校

昨年に引き続き、高校生に職業講話という機会をいただき
レクチャーをしてきました。

高校から直接依頼を受けているNPO法人アスクネットさんとは2年前からの
おつきあいで、当方も勉強させていただく気持ちでお引き受けしています。
(元々は愛知県の「青年のための寺子屋塾」から。。。)

今年は三重県にある桑名西高校。
(去年は名古屋高校へ)

c0093205_18151791.jpg


c0093205_18153152.jpg


最近では高校側のほうが1年生のうちから将来の職業を意識させ、進路や大学の学科選択
に有効になればという想いがあるようです。
(去年も今年も対象が1年生でした。。)

なので他の講師陣は、ITエンジニア、動物病院院長、調理師、スポーツクラブ経営者、
ゲームクリエイター、服飾スタジオ代表、営業職と多種多様。

個人的には他の講師の方の話を聞きたいくらい。

授業の一コマの時間なので、どこまで理解してくれたかは未知ですが、
僕の話を聞いて、将来建築家や建築に従事する仕事についてくれたら幸いですね。
[PR]
by mokadesign | 2011-11-18 18:24 | ライフ

覚王山散策

週末、妻娘たちを連れて覚王山へ。

その象徴というべき日泰寺。
c0093205_1243187.jpg


その名の由来ご存知ですか?
日泰寺は、タイから送られた仏舎利(釈迦の骨)を安置するために建てられた寺で、
日本で唯一、どの宗派にも属さない超宗派のお寺。
京都などと激しい誘致合戦を繰り広げられた末に名古屋に寺が建てられるようになった
経緯があるそうです。
それで日本とタイ(泰)で「日泰寺」なんです。

どうしてタイなのだろうと。。。
釈迦はゴータマ・シッダールタとしてネパールに生まれ、インドで死んでいる(入滅)。
なのにどうして釈迦の骨がタイ国から送られたかというと、1898年にイギリス人のペッペが
インドで古墳を発掘したところ、そこから釈迦の骨と刻まれた壷が見つかり、ペッペは
英国王室に献上し、英国から仏教国のシャム国へ贈られた。
それを希望の国に分けることになり、一部を日本が譲り受けたという経緯があったため。

日本では最初から釈迦そのものよりも仏像信仰の比重が高かったため、仏舎利のことは
あまり知られていないようである。。。

境内には日タイ友好の標も。
c0093205_13515111.jpg

ちなみに12月にタイへ行ってまいります!(水害が落ち着いているとよいのですが)

さらに、覚王山という地名も釈迦に関係。
覚王というのは、悟りを開いた釈迦を敬って呼ぶ呼び方。
このあたりは丘陵地帯で、そこから覚王山と名づけられたそうだ。


さて日泰寺へと続く参道には懐かしい風景に昔ながらのお店と新しいお店が共存。

代表格はえいこく屋。
元々は紅茶屋さんですが、インドカレーも有名です。
c0093205_1422488.jpg


鬼まんじゅうの梅花堂。
c0093205_143937.jpg


娘たちはアクセサリー雑貨を物色。
c0093205_1454859.jpg


SONQはフレンチテイストで食器などを扱うお店(雰囲気good)
c0093205_1475135.jpg


神谷デザイン直営のお店、覚王山バー
c0093205_1484529.jpg


シェシバタも出店。
c0093205_1491587.jpg


最後に紹介するのは、実はそもそも覚王山に来た目的だったドーナツ屋「ZARAME
(岡崎と日進竹の山にもあります)
c0093205_14105489.jpg


妻と娘たちのおやつ接待でした。。。
c0093205_1412551.jpg

[PR]
by mokadesign | 2011-10-30 14:17 | ライフ

Haloween!

もうすぐHaloween。

我が家のBE@R BRICKも衣替え。
(以前はこんなポージングも。。)

c0093205_17462166.jpg


廊下の飾り棚にも。

c0093205_17481383.jpg


moKAでおウチを設計するとき、目につきやすいところにちょっとした
棚を設けるようにしてます。
普段は家族の写真を置いたり、イベントの飾り付けをしていただければと。。。
[PR]
by mokadesign | 2011-10-22 17:53 | ライフ

岐阜散策

週末、急遽仕事があいたので妻と娘たちに号令。
「どっか行こっか!」
ただし用事を済ませたあとの思いつきで、まったくのノープラン。
車に乗り込み、とっさに岐阜へ向かうことに。。。

まずは途中、とっさに思いついたランチ、は昔よく足を運んだ春日井の洋食屋オムへ。
ここのパパガロ定食がとても好きでちょっとご紹介。。。
ベーコン、しめじ、玉子にほうれん草、なんとリンゴ、などを大葉と生地で巻いてフライ、
これにとろりチーズが乗り、特製デミソースで食す。
ちなみにリンゴが入ってるのは食感にアクセントを与えるためとのこと。。
c0093205_039555.jpg


そして岐阜は長良川へ。
久々に訪れる国際会議場は安藤忠雄の設計。
娘たちに卵in建築を説明し、中から外から鑑賞。
写真は建物から飛び出した「卵」の上部。
c0093205_1175860.jpg


隣接する岐阜都ホテル(旧ルネッサンス)のカフェでケーキセット。
もうマロンの季節です。
c0093205_1205258.jpg


対岸側にある、ナガラガワフレーバーはカフェやベーカリーやインテリアショップや
ギャラリー、工房があり、雰囲気なかなかgood。
c0093205_1262414.jpg


岐阜城は時間がなく行けませんでしたが、ふもとには城下町の情緒ある風景。
c0093205_139563.jpg


夕暮れときを見計らって、金華山ロープウェイへ。
展望からの景色は夜景寸前がなおよし。
c0093205_1412528.jpg

なんとココで、モード学園で一緒になる同じく非常勤の先生に遭遇。
ギフレク」というイベントでクリエーターが集まってて、実はそのご主人のバーテン
(岐阜でバーを営む有名バーテンダー)がシェーカーを振るとのこと。
どうりでシャレオツな人が多いなと思ったら。。。


そして本日のメインイベントは鵜飼鑑賞。
屋形船は風情たっぷりで、停泊中に踊り子さんを乗せた船が横切ると、思わず皆さんカメラを!
c0093205_1454288.jpg


そんな余興のあとに鵜飼はスタート。。。
漆黒の川上から、漁り火を灯した6隻の船が現れると、いざ荘厳な雰囲気に。
c0093205_154575.jpg

目の前で繰り広げられる鵜匠の鵜さばき!
c0093205_1594735.jpg

浦島太郎のような(これは白く長い顎髭をたくわえた、という妻が言った形容)鵜匠が
超カッコいいのだ。
1300も続くというその行事にただただ感銘。

その後グランドホテルから上がる花火鑑賞のおまけつき。
(当ホテルではその日挙式宴席があると新郎新婦に花火をあげてくれるそう)
c0093205_235664.jpg


と、父として、プロデューサーとして、我ながらgoodなショートトリップ。

お客さんへのホスピタリティ向上(今回は家族ですが。。)、
瞬時な情報収集、とっさの局面打開力?を養う訓練だと思えば気合いが入るのです。。
[PR]
by mokadesign | 2011-09-25 02:33 | ライフ

北海道スイーツ

週末、娘と北海道フェアへ。

娘のリクエストでチョイス。

侍のプリン」(1個¥480ですよ。。。)
c0093205_0571744.jpg

なんでも侍のプリン五箇条なるものがあるそう。

一、素材、製法に嘘偽りなく、誠実を以って行うべし
二、卵、牛乳は特に定めた素材を用いるべし
三、秘伝の「ほろ苦カラメル」は、たとえ親子といえども、その製法を秘するべし
四、三口目までは、「ほろ苦カラメル」なしで食すべし
五、消費期限当日が最も美味なれば、暫くして忍ぶべし

ふわとろ、なめらか、とは真逆をいくもので、
「男がウマイ!と納得できるプリン」が売り、とのこと。
(まさにその通りでした。。。)


もうひとチョイスは
スイートフロマージュ
c0093205_05871.jpg


こちらは、焼きあげたクリームチーズ・ケーキの上に、
マスカルポーネチーズを使用したレアチーズ・ケーキを重ねたダブルチーズ!
その表面にふわふわのスポンジクラムをまぶしたもの。

c0093205_1163883.jpg


前者とは対照的に女性的な、しっとり感のある美味。。。

以上、この暑い夏に北海道を堪能したほんのひとときでした。
[PR]
by mokadesign | 2011-08-31 01:21 | ライフ

四つ話のクローバー

水野敬也の「四つ話のクローバー」を読みました。

c0093205_1211481.jpg


ソフトタッチな自己啓発本?ってカンジで。
特に最近「疲れてる方」にお勧めです。

TVドラマ化もした「夢をかなえるゾウ」を読んでない方はこちらも是非。

水野敬也は「ウケるメールマガジン」から愛読していて、今年になってようやく始めたアメブロ「ウケる日記」も
めちゃくちゃ面白い。

もっとディープゾーンに興味ある方は「オシャる技術」へ。。。

実は同じ愛知県出身の作家?プランナー?で、先日CBCのある番組にも出演、
母校の東海中学でロケしてましたね。(東海高→慶応大)

是非会って友達になりたい。
そんな親しみの湧く逸材!です。
[PR]
by mokadesign | 2011-08-01 12:35 | ライフ