moKA通信

カテゴリ:ライフ( 135 )

エレクトロラックス vs ダイソン コードレス掃除機比較

ダイソンのコード付き掃除機を買って約7年。
購入当時のブログはこちら

ついにホースが破れてしまいました。。。

確かファーストモデルは永久保証だったはずで、うちのはセカンドモデルで2年保証。
ここにいたるまでもヘッドの交換修理をしたり、ホースの巻き取り悪し、接触悪しで部品交換
(ここまでは2年以内で無償で対応)、あとはただただ音がうるさい、とりまわしにくいなど、
うちの妻からは「海外製はデザインだけ!」と酷評されて。。。

そしてついに先日ホースが破れテープで応急措置。
c0093205_1832259.jpg


妻の実家もコード付きダイソンを使用していて、やはり不具合続出。
例に漏れずホースが破れたのを交換するのに¥4000、ヘッドの交換で¥6000かかったそうで。。。


それならと、コードレスの新規購入を検討。

実は僕の親世帯がすでにダイソンDC45を使っていて操作性などチェック。
オンオフボタンではなく、ハンドルスイッチを押している間だけ吸引っていうのと、
排気が手元から出てくるのが少々ネックかな。。。
c0093205_2357155.jpg


。。。で、検討したのが、エレクトロラックス・エルゴラピードZB3013。
ここで2機種の比較をまとめてみました。

       エレクトロラックスZB3013    ダイソンDC45
重量           2.6kg          2.3kg
集塵方式        サイクロン        サイクロン
充電時間         5.5時間         4時間
稼働時間         35分           20分   


売れ筋ではダイソンのほうが上だが、コストパフォーマンスではエレクトロラックスのほうが上かと
思い、結局ZB3013を購入!

サイズはほとんど変わらない。
ZB3013は形が「ツチノコ」みたい! スマートさはダイソンかな。。。
c0093205_0142094.jpg


エレクトロラックスは自立できる。
充電も同様で、前者はスタンド式だが、後者は付属の充電器を壁にビスで固定しない限り
壁に立て掛けるしかない。
c0093205_0222336.jpg


ZB3013は本体腹部を外せばハンディクリーナーとして使え、そこにダストカップが。
ゴミ捨て、お手入れの仕方はダイソンのほうが楽そう。
c0093205_019184.jpg


ダイソンは心臓部が手元に。
パイプをとって短くすればハンディになり、他にも付属のミニモーターヘッドや、
隙間ノズルなど数種あり、前者より充実。
コンプリートモデルには「フトンツール」なるものがあり、寝具のアレルゲン除去もできるそうです。
c0093205_0191127.jpg



このほか、日本製はどうか?
日本製はデザイン、吸引力が弱いというデメリットがあるものの、重さが軽い、
小回りが利くというよさも。
コストパフォーマンスと壊れにくいということで、無難な掃除機が良いという人は
日本製がいいかもです。
[PR]
by mokadesign | 2013-12-15 00:49 | ライフ

長野-山梨建築視察

諏訪大社でお参り。
c0093205_1048915.jpg


敷地の四隅に結界を示す御柱が。
神々しい雰囲気を醸し出してます。
c0093205_10514490.jpg


御柱祭りで使われた支柱。
一度生で観てみたい。。。
c0093205_1050198.jpg


大社の隣にある「金子茶房」
松本出身の建築家、柳澤孝彦氏の設計。
c0093205_1054015.jpg


内部も見学させてもらいました。
c0093205_10545323.jpg


諏訪湖を望む高台の蕎麦屋から。
c0093205_10553075.jpg


もう鴨南蛮の季節なんですね。
c0093205_10555520.jpg


サントリー白州工場見学。
c0093205_10564137.jpg


施設内家具のいくつかはウイスキー樽を再利用したもの。
c0093205_10574815.jpg


キースへリング美術館。
設計は北川原温氏。
内部空間は以外に広く、三半規管を弄ぶ構成。
c0093205_10585785.jpg


そしてリゾナーレ八ヶ岳へ。
星野リゾート経営になる前から何回も来ていて、設計は伊建築家マリオベリーニ。
c0093205_1144862.jpg

c0093205_115174.jpg

c0093205_1151332.jpg


よく雑誌の撮影ロケ地に使われますね。
c0093205_1163536.jpg

ブックサロンは落ち着ける場所、ワインもグラス単位で楽しめ国産をメインにかなり充実。
c0093205_1174336.jpg

季節ごとでのアクティビティも充実。
c0093205_1183558.jpg


ちょうどハロウィンイベント中。
c0093205_111567.jpg


ピーマン通もハロウィン一色。
c0093205_1133231.jpg

c0093205_1134345.jpg

c0093205_1135967.jpg

c0093205_119121.jpg


英建築家夫婦クライン・ダイサム設計のチャペル。
前回来たときは内部も特別に見学させてもらいました。
夜観るのも格別。
c0093205_1195926.jpg


食事もvery good!!
味もさることながら、ディッシュデコレーションがいいですね。
c0093205_11115734.jpg

c0093205_1112733.jpg

c0093205_11123431.jpg

c0093205_1113157.jpg

満腹でいただけなかったドルチェは箱に入れて手土産にしていただき感激。
c0093205_111469.jpg

サーブも心地よく素敵なリストランテでした。
[PR]
by mokadesign | 2013-11-04 11:17 | ライフ

HALLOWEEN!2013

自宅の飾棚はHALLOWEEN!

飾り付け担当は妻、BE@BRICKの衣装もお手製です。
c0093205_9385624.jpg


毎年すこしずつアイテムが増えてます。
c0093205_93959.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-10-31 09:40 | ライフ

高城剛トークライブ@nagoya

高城剛トークライブ聴きにミッドランドホールへ。

彼に傾倒している友人が、ブログ読者向けイベントに応募したもので
誘ってもらいました。

c0093205_23245.jpg


90分途切れる事なく、ずっとトークというより、スピーク。マシンガンのごとく。。。
テーマが「21世紀の生き方」だったのですが、その前に20世紀を知ろうと。。

めちゃくちゃ面白く、その話のいくつかを紹介。

・1917年レーニンの革命による社会主義があって、資本主義が際立つこととなった。
 20cはまさに資本主義の時代であった。

・20c世界で最も成功した企業はCoCa Cola。
 ちなみにサンタクロースが赤いというイメージはCoCa ColaのキャンペーンCMにより根付いた。

・20cはまさに躍進の世紀だった。
 世界初の有人動力飛行からわずか60年で人類は宇宙飛行を成し遂げた。
 日本も戦後からわずか20年足らずで新幹線、高速道路が走り、東京オリンピックまで開催。

・いま世界最大の産業は、石油でも金融でもなく、観光である。
 LCCなどの普及で移動が容易になり、ジェットセッターはもはやセレブに限られたものではない。

・トーマスフリードマン著の「The World Is Flat」
 世界がフラット化した中で、我々はどう生き抜くのか、どう成功に結びつけるのかのヒントが。

・いくら情報化が進んでも、味覚や、雰囲気などデジタル化できないものがある
 21cはそのリアルな情報を知っている人が強い。

・2ndランゲージとしての英語は今後より重要である。
 と、ここで氏の著書。「21世紀の英会話」の紹介。
 日本人の英会話力が低い原因を探っていく中で辿り着いた、最も効率的で最もコストの
 かからない学習法とは?

c0093205_0301014.jpg


なかなか面白そうで、さっそくamazonで注文。 



他にも今僕が読んでいる氏の著書。
c0093205_035634.jpg


「LIFE PACKING」

これは氏が20cからの脱却を決意し、資本主義最大の街、東京を離れ、
自分の持ち物99%を断捨離。生活に必要な1%だけもってバルセロナに移住。
その1%のアイテムを紹介する本なのだが、その視点が面白い。
昨今のように話題になるずっと以前から、風力発電、真水生成事業に乗り出している。

切れ者は、行き着くところ、プレミティブ。。。


とはいえ、21cを生き抜くのに「娯楽」「食文化」も重要だとライブでも力説。
もう1冊の「人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか」

名古屋でも最近スペインバルのお店がどんどん出店している気がしませんか?
その理由が少なからずこの本の内容に通じると個人的には思ってます。。。
いま世界のレストラントップ10のうち、スペインの店が4つもランクインしているそうです。

スペインバルセロナの世界一予約がとれない店と言わしめた「エルブリ」
レストランの横にラボがあり、半年営業し、半年は化学的に料理を研究。
頑ななフレンチのようにではなく、レシピを開示し、人材を育成。
サンセバスチャンという小さな街も景気復興に大貢献した料理の追求がそこにあったのです。


日本もより古来から有るもの、その本質を追求することで、観光大国に!
これが高城氏が提唱、意味するところ。
ご当地キャラとかやって場合じゃないですよね。

余談ですが「ゆるキャラ」という言葉、流行語のように安易につかってますが、
扶桑社とみうらじゅんによって商標 登録されてます。。。
[PR]
by mokadesign | 2013-09-25 01:05 | ライフ

流しそうめん@完成後のお宅

設計させていただいた住宅が完成して約一年。

お施主様におよばれいただき、庭でBBQ、流しそうめんを振る舞っていただきました。

ブリックを積み上げたご主人お手製の屋外コンロ!
c0093205_21584173.jpg


そして流しそうめん。
特注の竹割り流しは雰囲気倍増。

c0093205_21572211.jpg


茶そばやにウズラ卵にプチトマトまで流れてきた流しは初体験!
c0093205_2204266.jpg


H様家族のおもてなしスピリッツに感激です。
お子さん達が敷地横の小川で捕ったザリガニ。
c0093205_2261496.jpg


忙しい日々のなか、感謝の気持ちを大事にしなければと思うひとときでした。
H様ありがとうございました。
[PR]
by mokadesign | 2013-07-27 22:09 | ライフ

GARCONS x 大友克洋

今シーズンのギャルソンは大友克洋「AKIRA」と。。。

自宅に届いた春DM 。
c0093205_19541083.jpg


夏DM。
c0093205_19541954.jpg


おもわず自宅の書棚に手が伸び、一夜で6巻読み返してしまいました。。。
c0093205_19555653.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-07-17 19:57 | ライフ

七夕night

7/7午後の仕事が空いたので急遽七夕の夜空を求めて岐阜へ。

暗くなるまで大垣散策。
「奥の細道むすびの地記念館」
c0093205_21582734.jpg


芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた地。
c0093205_2215944.jpg


水の街 大垣の風情ある風景。
c0093205_2223450.jpg


大垣城。なんとも親しみやすい。。。
c0093205_223181.jpg


腹ごしらえに養老焼肉街道へ。
ローヤル!
c0093205_2241656.jpg


ご存知の方もいると思いますが、ここに来るとオーナーの車が観れます。
F40とマクラーレンMP4-12C
c0093205_2255942.jpg


駐車場にはお客さんの?ムルシエラゴx2
c0093205_2274093.jpg


そしてそして、安八町のハートピア安八。
天文台も備えるなんとも立派な施設。
c0093205_2282517.jpg


本来の目的を思い出しながら。。。
c0093205_2285847.jpg


星見会!
c0093205_229314.jpg


プラネタリウムで予習。
c0093205_22102922.jpg


屋上で望遠鏡での鑑賞。
c0093205_22105856.jpg


大型望遠鏡でも鑑賞。
土星のリングもはっきり観えて感動です!
c0093205_22122510.jpg

こちらの施設お勧めです。。。
[PR]
by mokadesign | 2013-07-09 22:16 | ライフ

色彩を持たない多崎つくると・・・

移動の電車の中くらいしか読む時間がなく、ようやく読み終わりました。

村上春樹の新作。

c0093205_22552233.jpg


to be continue なの?
それ以上、本のレビューは控えておきましょう。。。

装画は20世紀アメリカ抽象絵画アートを代表するモーリス・ルイス、1961年の作品。

ちなみに他にはこんな作品。
「デザイン」ではなく「アート」。
そんな指向性が村上作品と相通じるのかな。。。
c0093205_23264278.jpg


c0093205_23285564.jpg


c0093205_23265682.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-05-30 23:31 | ライフ

Hello Giulietta! Welcome home Spider!

愛車スパイダーが車検でお出かけの間、ジュリエッタが代車に。

真赤な姫君は思いの外、走りはキビキビ、それでいてアイドリングストップも
備えるCセグメント。
数日間堪能しました。
c0093205_0361935.jpg

c0093205_0383061.jpg

c0093205_0384338.jpg


そしておかえりスパイダー。
c0093205_047413.jpg

c0093205_0472773.jpg


諸元比較。


ジュリエッタは1300cc 1400kg L4350xW1800xH1460 WB2630
スパイダーは 2200cc 1650kg L4400xW1830xH1380 WB2530

ボディサイズはほとんど変わらないが、スパイダーのほうが全長が50mm、
全幅が30mm大きく、ホイールベースはジュリエッタのほうが逆に100mm長い。
但し乗った印象はジュリエッタのほうが小回りがきく感じ。(タイヤサイズは同じ)

アルファとしては満を持してのジュリエッタ発表。
北米市場へ再び打って出た復帰第一作。
女性でも扱いやすいであろう、日本でもよく見かけます。
ちなみに次期スパイダーはマツダと共同開発でフィアット版ロードスター「デュエット」
になるとか?
c0093205_047503.jpg

c0093205_0482878.jpg


次はジュリエッタが落ち着いていよいよ8C弟分、4C!
赤、白、2色展開で世界限定1000台。
(北米に500台、欧州/アフリカ/中東に400台、残る地域に100台)

1750ccで車重なんと960kg! 価格は約800万。
(8Cが2500万だったのを考えるとお買い得??)

すでに日本でも予約開始。
こちらも北米重視でアジア圏には100台以下。確実に抽選になるようです。。。
c0093205_122571.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-05-19 01:35 | ライフ

GW CAMP 2013

GW CAMP 2013@アオミキャンプ場

毎年恒例、以前住宅を設計させていただいたK様家族とキャンプへ。
c0093205_19543411.jpg

c0093205_19423111.jpg


付知峡清流沿いで川もきれい。
c0093205_19421464.jpg


魚釣りでゲットしたマスを七輪で。
c0093205_19434289.jpg


七輪では、むさしのタレで串焼きもいただき。。
夜は寒くなるので鍋に。
c0093205_1944247.jpg


翌朝はセルフサンドウィッチ。
c0093205_19534141.jpg


キャンプ場をあとにラインスケート。
クリスタルパーク恵那スケート場は、国際規格の400mダブルトラックを
備える本格的な施設。
夏期はラインスケートができます!
センターにはフットサルコート。
c0093205_19581434.jpg


遊具貸し出しも。
c0093205_19583626.jpg


GWの楽しいひとときでした。。。
[PR]
by mokadesign | 2013-05-15 20:01 | ライフ