moKA通信

カテゴリ:旅行( 85 )

大阪探訪

出張で大阪へ。

大阪駅前のグランフロント。
左に見えるのは原広司氏設計の梅田スカイタワー。
c0093205_19315287.jpg


「うめきた広場」は、まさにお膝元である安藤忠雄のデザイン監修。
水辺の演出は氏らしいです。
c0093205_19324587.jpg

c0093205_19334677.jpg


Panasonicのショールームは複数階にまたがり、住設から家電のアンテナ施設。
c0093205_19351521.jpg


コンチネンタルも入居。
c0093205_19354758.jpg



場所は変わって、あべのハルカス。
展望広場はオープンエアで、天気がよい日は気持ちいい空間。
c0093205_19371461.jpg


最上部のヘリポートにも上がれます。
c0093205_19373816.jpg


WCもガラス越で爽快。
c0093205_19381723.jpg


おまけですが、水面に写る逆さホグワーツ城。
c0093205_19424537.jpg


細部まで造り込まれた街並。
年中積雪ですが、雪はダミーです。
c0093205_1940776.jpg

[PR]
by mokadesign | 2015-04-08 19:45 | 旅行

東京打合せ&視察

東京へクライアントさん同行打合せ&建築視察。

打合せ前に青山付近散策。

岡本太郎自宅兼アトリエ。
c0093205_025592.jpg


座ることを拒否する椅子、などなど。
c0093205_028992.jpg


アトリエは当時のまま状態で残っている。
c0093205_029557.jpg


隈研吾設計の台湾発パイナップル菓子の店、「サニーヒルズ」
c0093205_0404653.jpg


去年太宰府参道で寄った「スタバ」の木組がここでは構造体の一部として構成されてます。
c0093205_041019.jpg

防火加工の木材とのこと。
c0093205_041968.jpg


エントランスホールから。
c0093205_0361576.jpg


2階の売場。スラブも木組。
c0093205_0373227.jpg


無料の試食はなんと着座でお茶までいただける。。。
c0093205_041126.jpg


パイナップルをイメージした建物外皮を観たあとは、LEXUSのカフェ。
こちらのスキンはスピンドルグリルをモチーフに。。。いかにも片山正通氏らしいデザイン。
c0093205_0462274.jpg


内側より。
c0093205_0464137.jpg


階段脇にはパーツをデコラティブに。
c0093205_0485046.jpg


スキンのハシリはこちらPRADA(ヘルツォーク&ドムーロン)でしょうか。。。
いまだに斬新。
c0093205_050026.jpg

ちなみにサッカーネタですが、バイエルンのアリアンツを皮切りに、北京五輪スタジアムも
手がけたこのヘルツォーク&ドムーロン。
今年2015年にボルドーのスタジアムも完成する予定に続いて、チェルシーのスタジアム増築
の設計も決定しているようです。。。

青山界隈で目に留まったいくつかの「スキン」。。
c0093205_05197.jpg

c0093205_0511772.jpg


翌日の代官山TSUTAYAのそれはセラミック?
c0093205_052595.jpg


青山で事務所を構える久住左官さんで打合せ。
翌日も外装タイルの施工事例と、候補のタイルサンプルを並べて比較検討。
色調と質感、目地幅などの確認、クライアントさんとイメージを共有。
c0093205_0584234.jpg

c0093205_0585289.jpg


タイルついでに、オークラ本館も視察。
随所にいわゆるモダン建築を醸し出す内装タイル。
c0093205_164578.jpg

c0093205_165480.jpg


60年代初頭にこの建物が存在していたことが素晴らしい。
c0093205_118327.jpg

c0093205_1113733.jpg

c0093205_1191265.jpg


当時から外国人宿泊客を迎え入れるおもてなしとして、世界の主要都市のボタンを押すと
現在時刻がデジタル表示される時計がロビーに。
c0093205_115252.jpg


設計は谷口吉郎氏(谷口吉生の父上)ですが、老朽化による取り壊し建て替えが決定
されたそうで、この期に見学できてよかった。
c0093205_1151824.jpg


番外編として食レポ。

銀座では俺のイタリアン(JAZZ)へ。
フォアグラ&トリュフonビーフ が¥1200ですよ。
c0093205_1172779.jpg


クライアントさんの友人の店「NARISAWA」へ。
料理人として数々の賞を受賞。
(ご本人曰く、ミシュランよりサンペレグリノのほうが名誉だそうで。。。)
c0093205_125222.jpg


コースで登場した作品「炭2009 近江牛」は特筆すべき一品。
artの域です。。。
c0093205_1245610.jpg


以上2days Tokyoレポでした。
[PR]
by mokadesign | 2015-02-01 01:48 | 旅行

博多経由の屋久島

博多経由、屋久島の旅へ。
c0093205_15571345.jpg


セントレアから自身初のLCC搭乗。
c0093205_15572475.jpg


エアチケット数千円!
極力経費削減、予約の仕方から、手荷物のサイズ重量まで、制約は多いが値段にはかえられない。。。
c0093205_15591971.jpg


博多では華丸大吉お勧めの店「大政」へ
雑誌Penでも紹介されたそうです。
c0093205_1604155.jpg


何度来てもとにかく街に活気がある。
水辺の発展は古代文明にも通じるのか、名古屋にはこれが欠けるのでは。。。
c0093205_1635186.jpg


中州にあるホテル「イツパラッツォ」はアルドロッシの設計。
20年前に宿泊したときより緑のスチール化粧梁が色あせたようだが、
総赤大理石のテクスチャーと、古典主義的シンメトリーなファサードは、今でも
異彩を放ち、やはり個人的に好みのカンジである。
c0093205_1683070.jpg


ひとつ残念だったのが、ソットサスや倉又史朗デザインのバーはもうなくなってしまっていたこと。
オープンからオーナーは変わってないとのことだったが、権利関係とか何かあったのか勘ぐってしまうのは自分だけか。。。
建物目当てでくる客も多いのか、スタッフが新設に当時の出版物をみせてくれた。
c0093205_16113020.jpg


シメは老舗のとんこつで。。。
c0093205_1612354.jpg


翌日は太宰府へ。
駅はタイムリーなノボリで。
c0093205_16133025.jpg

c0093205_16143453.jpg


参道にスタバ。
c0093205_16123137.jpg


これも今回のお目当てのひとつ。
隈研吾の設計。
c0093205_1616974.jpg

c0093205_1616481.jpg


木組の先端に保護がしてあった。。。
c0093205_16173415.jpg


近くに九州国立博物館があったので、こちらも建物見学。
設計は 菊竹設計と久米の共同。
c0093205_16185693.jpg


大口を叩くが、独立行政法人のこの建物、莫大な資金を投じているであろうが
建築的な魅力はほとんど伝わってこないのだ。

c0093205_16464924.jpg


そして空路屋久島へ。
こちらはJAL系のエアコミューンのボンバルディア。
c0093205_16223556.jpg


途中桜島を眼下に。
c0093205_16225712.jpg


屋久島空港。
c0093205_16242144.jpg


受託荷物受取場もローカル感がgood。
c0093205_16251761.jpg


レンタカーで島を一周約130km。
c0093205_16294312.jpg


集落がない地域は車道に鹿や、猿が普通にいる。
c0093205_16311869.jpg


地図上では海沿いの道も崖の上で島全体が一つの山であることに後で納得。
そこは鹿児島県に属するが、屋久島の宮之浦岳は1936mで、九州一高い山だと知り意外!
c0093205_16335979.jpg

c0093205_16352169.jpg


よって山には平地がほとんどなくあちこちに滝。
c0093205_16344077.jpg


温泉も沸いており、海沿いの「海中温泉」は当然露天で施設も無人。
c0093205_16372865.jpg


屋久島の夜もおつな店がちらほら。
焼き肉からのバーへ。
「散歩亭」はオーナーとの会話が楽しめ、ご当地焼酎「三岳」原酒と
トビウオの薫製はgood!
c0093205_16442118.jpg


宿泊は翌日の縄文トレッキングに備え集合場所近くにセレクト。
実は、映画もののけ姫のロケハンで宮崎駿ジブリご一行が訪れた宿だと。
c0093205_16405296.jpg


つづく。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-10-04 16:50 | 旅行

屋久島トレッキング

いよいよ縄文杉をめざしトレッキング。

標高600mの登山口まではバスであがり、標高1250mまでは片道11kmながら
時間にして5時間。
登ったら当然来た道を降りるわけで、丸一日の行路。。。
c0093205_14572818.jpg


まだ未明の足元暗いなかヘッドライトを装着してのスタート。
c0093205_14585837.jpg


今回はガイドさんについてもらい要所での解説がgood
c0093205_15616.jpg


その昔、山間部に集落があり学校もあったそうで、そこまではトロッコで物資の運搬が
あり、とにかく線路をひたすら歩きます。
c0093205_1534440.jpg


現在も登山者のためのトイレなどのメンテナンスで稼働しており、トロッコに遭遇。
c0093205_15191623.jpg


屋久杉とは樹齢1000年以上の杉を総称してよぶそうで、2時間ほど歩いたところで
徐々にうかがえます。
c0093205_15193678.jpg


前述の居住者たちはこれらの杉を伐採しつくし下山したそうで大木の切り株も
いくつか目にする事に。
その代表的なウィルソン株は、その根元に進入でき、上を見上げるとこんな
かたちの切り取られた空がみえるんです。
c0093205_15145165.jpg


歩き出して4時間ほどでようやく世界自然遺産エリアに。
c0093205_15154293.jpg


ヒメシャラの樹に杉の幹が食い込んで生育していたり自然の姿に驚きや発見ばかり。
c0093205_15202846.jpg


そして予定通り5時間かかって縄文杉。
幹の直径5.2m、周囲16.4m、諸説あるが、樹齢約3000年。
神々しいの一言。。。
c0093205_15205028.jpg


下山後は話題の送陽邸で宿泊。
最近では、TVソロモン流にも紹介され、国内外の著名人からも愛される宿。
c0093205_15292883.jpg


名前の由来は島の北西に位置するのでサンセットが望めることからくると。
食事スペースは吹きさらしで最高の景色。
c0093205_15335962.jpg

c0093205_1530029.jpg


海辺のスペースにはハンモック。
c0093205_15371858.jpg


オーナー自ら大工仕事を施し、現在も屋形舟の食事処を工事中。
c0093205_15311052.jpg


露天風呂も岩場に屋根も施され、ピクチャウィンドウのシービューが最高。
c0093205_153868.jpg


夜に入ると岩場打ちつける荒波の音量に怖いくらいの臨場感。
c0093205_1540322.jpg


客室棟もゆったりで、絶縁の碍子がハンガフックにしてあったり創意工夫が勉強になります。
c0093205_1536279.jpg


屋根は瓦ではなく板上に石を乗せる工法。折り重なる屋根が風情あります。
c0093205_15333022.jpg


早朝、浜辺でウミガメの赤ちゃんにも遭遇!
GW頃に産卵し、8〜9月頃孵化するそうで、おそらく今年最後の偶然の見納め。
c0093205_15525965.jpg


最終日、宿をあとにし島内散策。
送陽邸とはまったく異なる趣の「サンカラ ホテル&スパ」へ

隠れ家的なラグジュアリーリゾートは海を見下ろす高台にホテルに、ビラ、プールなどが。
お値段もそれなりです。。。
c0093205_1543235.jpg

c0093205_15431666.jpg

c0093205_15432767.jpg


帰路は鹿児島経由。
鹿児島空港のボーディング待ち合いスペースの椅子はイームズ。
c0093205_1545566.jpg


新たな発見と感謝の旅でした!
c0093205_15484985.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-10-04 15:54 | 旅行

東北視察1

8月初旬東北へ。

青森公立大学のキャンバスに併設されている、国際芸術センター青森(設計 安藤忠雄)
建築とあわせて現代アートの展示もgood(撮影OK)
c0093205_22374296.jpg

c0093205_22391783.jpg



池を囲む屋外円形シアター。
フィンランドで観たアアルトのスタジオを思い出す。。。
c0093205_22431197.jpg

c0093205_22432842.jpg

c0093205_22395471.jpg


施設内にはライブラリーやカフェもあり。
c0093205_22443527.jpg


敷地内の散策路に屋外アートも点在。
c0093205_22453199.jpg


アーティストを誘致し芸術活動を奨励する制度があり、立派なレジデンスもある
もちろんこれも安藤忠雄設計。
c0093205_22473978.jpg


四季のアーケード。
木製ラチス。
c0093205_22491857.jpg



青森県立美術館。
設計はヴィトン店舗を数多く手掛ける青木淳
c0093205_22511757.jpg

c0093205_2303778.jpg


企画展は、少女を文化的に題材にしたものだった。
この写真以外の作品は撮影NGだったが、紙一重のものも多々あり。。。
c0093205_22532824.jpg


建築思想は施設向かいにある三内丸遺跡から着想を得ているとのことで、
内部の床は露出する「土」をイメージ。
適度な不陸で、あえてクラックすることを想定した仕上げとなっているよう。
c0093205_22564910.jpg


外壁の煉瓦は白く塗装した仕上げで、これも意図した経年変化か?。。。
c0093205_22513881.jpg


これが観たくて来場する人がほとんどであろう地元出身の奈良美智の「青森犬」
c0093205_2301382.jpg


つづく。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-08-11 23:03 | 旅行

東北視察2

A-Factory(設計 片山正通)
りんごに敬意! のデザイン思想。
c0093205_2222989.jpg

c0093205_2234518.jpg


インテリアの壁にはりんごの木箱をあしらった演出。
c0093205_2253011.jpg



弘前市は明治初頭から外国人教師を招いてきた影響で多くの洋館が現存。
旧弘前市立図書館。
c0093205_2281049.jpg


街に点在する洋館を一堂に紹介するミニチュア建物群。
c0093205_22132269.jpg


東北で最も歴史があるという、日本キリスト教団弘前教会。
c0093205_2295056.jpg


プロテスタントなので華美な装飾はない
c0093205_22101947.jpg


吹抜越しの2階にはなんと畳の部屋が。
観覧室とのこと。
c0093205_2212297.jpg


その他街にはフレンチの店が多く食文化にも影響。
ランチで賞味。


弘前といえば「ねぷた」
実は前日事故があり、まつりとしては観れなかったが仮設の保管施設で関係者の方に
親切に説明をいただけることに。
c0093205_2217391.jpg

c0093205_22182180.jpg


昇降する仕掛けで、中に発電機が設置されている。
c0093205_22195622.jpg


説明を聞いていたら、逆に地元の新聞記者に取材を受け翌日の新聞にコメントが載ることに。。。
(後日知人からその記事を入手)


津軽にある金木という街は太宰治生誕の地。
生家である「斜陽館」
c0093205_2224982.jpg


680坪の豪邸は内装や調度品など細部までこだわり抜いたという。
c0093205_22245013.jpg


前日の青森ねぶたはあいにくの雨でビニールがかかったねぶたの鑑賞。。。
翌日、五所川原の立ねぶた鑑賞。
高いものだと23mもあり、ビル7階建てに相当し圧巻!
c0093205_2226504.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-08-11 22:32 | 旅行

東北視察3

世界自然遺産「白神山地」
貴重な生態系が保たれており、人為的影響をほぼ受けていない世界最大級のブナ原生林。
c0093205_211881.jpg



奥入瀬渓流ホテル(星野リゾート)
岡本太郎製作の巨大暖炉は迫力大。
冬に観てみたい。。。
c0093205_21265478.jpg



十和田市現代美術館(設計 西沢立衛)
c0093205_21251686.jpg

c0093205_21261228.jpg


存分な敷地。。。屋外のアートもあり。
草間弥生
c0093205_21282469.jpg


ファットハウス ファットカー
家と車を太らせるというありえない発想が面白い。
c0093205_21303643.jpg



青森をあとにし、岩手県平泉、世界遺産中尊寺へ
金色堂。
堂全体が一つの美術工芸品(撮影NG)
c0093205_2134940.jpg



仙台着。
七夕祭りには200万人の人出。
色とりどりの吹き流しが美しく、全部で3000本とのこと。
c0093205_21382678.jpg


震災から3年。
復興にかける思いや、支援への感謝の気持ちを記した短冊。。。
c0093205_21425753.jpg



せんだいメディアテーク(設計 伊東豊雄)
杜の都を象徴する街路樹とガラス建築がすっかり馴染んでいる。。。
c0093205_2145323.jpg


構造は直径20cm内外の鉄骨パイプの集合体。
c0093205_2148729.jpg


ガラスカーテンウォールのダブルスキン。
c0093205_21484329.jpg


間仕切りにはプロフィリットガラス。
c0093205_21493063.jpg


図書フロアはグレア防止に天井面を照らすペンダント照明。
c0093205_21535524.jpg


カフェやライブラリーには市民の憩いの場になっている
慕われている名建築であることが素晴らしい。。。

以上東北建築探訪でした。
[PR]
by mokadesign | 2014-08-11 21:59 | 旅行

京都視察1

京都視察1日目。

ブログでもたびたび紹介している「貴船プロジェクト」
何を隠そうmoKA森本の自邸なのですが、近くに「貴船神社」があります。

そして京都には貴船神社の総本社があり今回はそちらへ。
c0093205_16454329.jpg


水は万物の命の源。その水の供給を司る「水源の神」が祀られています。
c0093205_16473696.jpg


天気もならではの小雨模様。。。
c0093205_1648991.jpg


水占いがあり、白紙のおみくじを購入、水面に置くと字が浮かび上がります!
c0093205_165410100.jpg


市街地からは北上し、神社に達するには車のすれ違いもままならない細道を。
c0093205_16494214.jpg


そしてその沿道には料理屋が多く立地し、この時期は川床が風物詩。
c0093205_16503810.jpg


視察の目的でもある宿泊ホテル「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」
竹中工務店設計部と建築家のコラボ作品です。
c0093205_16565543.jpg

c0093205_16573271.jpg

c0093205_170164.jpg

c0093205_1657396.jpg


外観からは伺いしれない、町屋ならではの中庭も。
c0093205_16583068.jpg


エレベーターホールには、さりげなく木彫作家「小清水漸」の作品。
c0093205_1714052.jpg


ホテル内の和食レストラン「IZAMA」は建築家 長山祐子がデザイン。
c0093205_1742510.jpg

c0093205_1744473.jpg

c0093205_175978.jpg


垂れ間仕切りはメタル製で鎖カタビラみたい。。。
c0093205_176344.jpg


夜は鴨川床、先斗町の料理屋で食事。
c0093205_1785666.jpg

はもづくし。。。
c0093205_1784692.jpg

川縁からみるとこれまた風情あり。
左に見えるのは南座。
c0093205_179172.jpg


つづく。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-07-02 17:11 | 旅行

京都視察2

京都視察2日目。

京都最古の禅寺、建仁寺。
ここは俵屋宗達筆の屏風画「風神雷神」があります。国宝です。。。
通常お目にできるのはレプリカですが、数年に1回本物の公開もあるようです。
(ちなみに写真撮影自由です!)
c0093205_1549131.jpg


法堂(はっとう)の天井画、小泉淳作筆の「双龍図」は迫力大。
c0093205_16204658.jpg


○△□乃庭なども見所多数。
c0093205_1554150.jpg

c0093205_15541181.jpg

襖の取手。
c0093205_16202411.jpg

秀吉ゆかりの茶席「東陽坊」
c0093205_15542118.jpg


祇園。
c0093205_1662981.jpg


お店の佇まいに目がとまります。
c0093205_1693197.jpg

c0093205_1672186.jpg


そして目的の一つであったライカ祇園店へ。
花見小路沿いにひっそりとあるので知らないと絶対見過ごす店です。
c0093205_1610546.jpg


アルミ削り出しボディのライカTの現物を観て、試し撮りもできて感激。
2階ギャラリーではマグナム写真展も開催中でした。
町屋をリノベーションしたそのショップはgood!

京都の古い街並に欧米の息吹。
独ライカの他には、伊フィレンツェにある世界最古の薬局「サンタマリアノベッラ」のショップ。
リストランテが併設しているのは世界でここ京都だけです。
イタリアの本店に行ったときのブログも是非)
c0093205_1623527.jpg


NYからはチョコレートショップ、マリベル京都。
町屋の趣にスカイブルーのドア! 脱帽です。
c0093205_16283576.jpg

なんとオリラジの藤森くんにも遭遇しました。。。

こちらはハイアット京都。
ラウンジの内装は、壁も天井も日本的な格子デザインを引用した軽木パネル。
外部も竹をバランスよく配し、アメリカンラグジュアリーホテルも
京都ならではの演出です。。。
c0093205_16314068.jpg


以上、京都視察でした。。。
[PR]
by mokadesign | 2014-07-02 16:37 | 旅行

GWキャンプ

GW恒例のキャンプ。
今年は北設楽郡のスターフォレスト御園へ。
天体観測施設もあるんです!
c0093205_16403124.jpg


泊まるのはバンガロー。
c0093205_16412824.jpg


芝生広場やパターゴルフ場もあります。
c0093205_16421792.jpg


見渡す限りの山。緑。。。
山間には収穫の間近の茶畑が。
愛知県内です。。。
c0093205_1644485.jpg


夕食はツーバーナーでパエリア(私の担当です!)
c0093205_16452089.jpg

c0093205_16452911.jpg


ツーバーナーの中に購入当時の古新聞を発見。
16年も前のものでちょうどWcupを間近に控えた記事!
日本と対戦するアルゼンチンが紹介。
バティストゥータが載ってて、ひとり懐かしんでました。
c0093205_16513448.jpg


夜はセンターで星空観望会。
c0093205_16525480.jpg

なかなか立派な施設でお勧めです!
c0093205_16532129.jpg

[PR]
by mokadesign | 2014-05-09 16:54 | 旅行