moKA通信

2015年 06月 05日 ( 1 )

ドイツ建築視察vol.1

ドイツへ建築視察。

フィンエアーでヘルシンキ経由ミュンヘン。
アウトバーンで市街地へ。
c0093205_22415989.jpg


ミュンヘン中央駅着。
c0093205_2237388.jpg

街には、Sバーン(近郊電車)、Uバーン(地下鉄)、トラム(路面電車)、バスといった交通網が整備
されている。
c0093205_2245652.jpg


地下鉄も駅によってはこんな綺麗なところも。
c0093205_23164172.jpg


今回の旅はDB(ドイツ鉄道)を利用し、シュトゥットガルトーフランクフルトーヴァイマール
ーデッサウーベルリンと移動する。

ミュンヘン、まずはBMW本拠地へ。
c0093205_22381482.jpg

c0093205_2239449.jpg


これは本社ショールーム。
c0093205_22403535.jpg

c0093205_2249672.jpg


内部。
c0093205_22514353.jpg

c0093205_2253453.jpg

c0093205_22545372.jpg


ブリッジは結構簡素なパイプでの吊り構造。
c0093205_22542245.jpg

c0093205_22532450.jpg


現行モデルが全て展示。
M3。
c0093205_22503454.jpg


X5,6
c0093205_2251869.jpg


i3
c0093205_2256467.jpg


i8初めて実車を目の前に。
c0093205_22564857.jpg

c0093205_2257155.jpg


オールカーボンのボディはスチールのそれの重量は約50%、ライトボディと同時に
エアロダイナミクスの象徴ともいうべき、リアフェンダー上のボディライン。。。
c0093205_231598.jpg


そして傘下のロールス。
といっても、旧ロールス・ロイス・モータースが有していた生産設備、従業員、知的財産などの一切はフォルクス・ワーゲンの所有のままであり、BMWには移譲されていない。
ブランドと採用されている意匠こそロールス・ロイスの伝統を受け継いでいるものの、実態はBMWにが製造、販売しているという、ねじれがある。。。
さすがにこちらは近寄れないわけで。
c0093205_2391049.jpg


MINIも。
c0093205_23103321.jpg


人力モーターMINI。
c0093205_231155.jpg


一見、カラフルなオブジェだなと思ったら。。。
c0093205_23121626.jpg


パントーンチェアだった! good idea
c0093205_23124747.jpg


ショールームから歩道橋を渡ると、本社オフィスとミュージアム。
c0093205_23143274.jpg

c0093205_23174625.jpg

c0093205_2315135.jpg


ちなみに工場もすぐ隣接している。
c0093205_23153948.jpg


ミュージアム観覧は有料、こちらは内部。
c0093205_23204526.jpg

c0093205_23193168.jpg

c0093205_2319542.jpg

c0093205_23263642.jpg

c0093205_23314270.jpg


時系列での展示。
c0093205_23232147.jpg

c0093205_23225717.jpg

こちらは3をスロープに沿って年代ごとに紹介する展示。
c0093205_23305629.jpg


歴代オープン専用車だけが勢ぞろい。
Z1,Z8は実車は初めて見るかも。。。
c0093205_2328841.jpg

c0093205_23291848.jpg

c0093205_23293252.jpg


今はもう懐かしい840,850
c0093205_2325498.jpg


こちらは1972年のミュンヘン夏季オリンピックのために造られたTurbo2000。
ガルウィングの2シーターのスポーツマシン。
c0093205_23345646.jpg

c0093205_23351364.jpg


エンジン技術の推移。
c0093205_23243989.jpg


バイクも。
c0093205_23354916.jpg


目に止まったのが、リアエンブレムの宙吊り陳列。  片山正通監修?
後日登場するポルシェミュージアムでも同じような手法が。。。
c0093205_23394279.jpg


ミュージアムにはMINIのコーナーも。
c0093205_23411911.jpg

c0093205_23413343.jpg

c0093205_23414972.jpg


BMWの施設のすぐ横はオリンピック公園。
c0093205_23441410.jpg

c0093205_2344487.jpg


オリンピック塔がありそこから眼下を望む。
c0093205_23464483.jpg

c0093205_23472271.jpg



翌日は建築視察も兼ねたサッカー観戦。
ブンデスリーガ14-15最終節 バイエルンvsマインツ。
c0093205_23502633.jpg


建築的目的はアリアンツアリーナ。
設計は、日本でも最近ミュウミュウがOPENしたことで知られる、ヘツツォーク&ド・ムーロン。
アリアンツを皮切りに、北京鳥の巣とスタジアム設計が続く。
EURO2016の開催地となるフランスでもボルドーの新スタジアム
イングランドチェルシーのスタジアム増築も決定しているとのこと
c0093205_23531963.jpg

c0093205_1124887.jpg


この外皮は半透明の特殊フィルムでできており、旭硝子によるもの
c0093205_1132614.jpg


ゲーム前にミュージアムへ。
スタジアムの模型も鑑賞。
バイエルンホームのナイトゲームでは赤に染まります。。。
c0093205_1191713.jpg

c0093205_1194713.jpg


VIP席はスワンチェアみたい。
c0093205_1284654.jpg


12-13シーズンの功績は記憶に新しい。
ブンデス、ドイツカップ、そしてCL優勝、それからクラブワールドカップに、UEFAスーパーカップ!
c0093205_123384.jpg


歴代ユニフォームや。
c0093205_124828.jpg


お気に入りの選手(監督とも)の等身大写真パネルと撮影できたり。
c0093205_125984.jpg


歴代名選手の床サイン。ルンメニゲ! 今では会長職。
c0093205_1313316.jpg


サポートアウディカー。
c0093205_12559100.jpg


そのオフィシャルサポート企業のアウディと、アディダスの歴史が時系列で陳列
してあるのが面白い。
c0093205_1274347.jpg


ショップにはブンデス25回目の優勝を祝うべく、マイスターシャーレ型クッションが
笑える。
c0093205_1301644.jpg


座席に行くと、応援用に紙製のマイスターシャーレの配布。
c0093205_1331671.jpg


ゲーム時間が近づき盛り上がりつつあるスタンド。
c0093205_1345648.jpg

c0093205_1381829.jpg


試合前のセレモニーでは早くも25回目の優勝を祝して、歴代名選手がお祝いに駆けつける
といういきな演出。オリバーカーンなどなど。。。
c0093205_1362756.jpg


そしていよいよ選手入場。
ちなみにサイドライン3列目です。
c0093205_137124.jpg


キックオフ。
そして25分、シャビアロンソのコーナーから相手選手のハンドでPK。
レバンドフスキがこれを決め先制。
c0093205_1405663.jpg


後半からマインツ岡崎も出場するも、バイエルンが加点し、結果は2-0。
試合後は表彰式、最後はお決まりの紙吹雪で選手もスタンドも最高潮に。
c0093205_146981.jpg


ピッチは桜色に染まりました。
c0093205_1465162.jpg


以上ミュンへンリポート。
次なる目的地に移動します。。。
[PR]
by mokadesign | 2015-06-05 01:49 | 旅行