moKA通信

2015年 06月 03日 ( 2 )

ドイツ建築視察vol.3

第4番目の街、ヴァイマール。
こちらが中央駅だが牧歌的な雰囲気。
そう、この街は「古典主義の都」ということで世界遺産登録されている(1998年)
c0093205_1581926.jpg


街並みもまるでテーマパークのように整然として、重厚感というより
淡い色彩の建物が多く穏やかな印象。
c0093205_25499.jpg

c0093205_253610.jpg

c0093205_284520.jpg


18世紀、文豪ゲーテが生涯の大半を過ごした場所で当時はヴァイマール公国だった。
ちなみにこちらがゲーテが住んでいた家。
c0093205_272931.jpg

1919年にはヴァイマール憲法という民主的な憲法が制定され、ドイツで最初の共和国が誕生。

そしてヴァイマールはバウハウス学校の発祥の地でもある。
ということでバウハウス博物館。
c0093205_294795.jpg

c0093205_2112960.jpg

c0093205_2101950.jpg

c0093205_216234.jpg


次はいよいろバウハウス校舎があるデッサウです。
[PR]
by mokadesign | 2015-06-03 02:17 | 旅行

ドイツ建築視察vol.4

第5番目の街デッサウ着。
c0093205_1332275.jpg


今回の旅の一番の目的といっていいバウハウス校舎の見学。
c0093205_084434.jpg

c0093205_0451216.jpg


グロピウスが1919年にヴァイマールに設立した芸術造形学校バウハウスは
1924年政治的な理由から、デッサウに移転することに。

当時のデッサウは航空機製造など機械工業都市として発展していて、保守的な
ヴァイマールよりも活動しやすく、ここで最盛期を迎える。

資料室では開校当時の写真から、戦争中に被災したときの校舎の写真も。
c0093205_1152187.jpg


そして、バウハウスとその関連遺産群という括りで、1996年世界文化遺産に登録されることになる。
c0093205_1165624.jpg


校舎をはじめ、マイスターハウスはガイドツアーがあり、ドイツ語案内しかないことを
承知の上で参加。
日本人というよりアジアンは僕一人ということもあり、ツアーの間、親切にも初老のガイドさんは
節々で僕だけに小声で英語で説明してくれた。。。
c0093205_0192425.jpg


最初に説明を受けたオーディトリアムの椅子はマルセルブロイヤーのデザイン。
座面や背もたれはファブリックだが強度のある布地を使用とのこと。
c0093205_0223996.jpg


そして当然ワシリーチェアーも別の場所でお目にかかることになる。
c0093205_0262486.jpg


開口部のオーニング窓はすぐ脇のハンドルを回すことで連動開閉する。
c0093205_0304499.jpg


この窓はハンドルを回すと横連動で、タテすべり的に開閉する。
c0093205_0362281.jpg


スチールサッシはグリッドは小さいがマリオンはなく、全体面積からすると
風圧強度的には少々不安にも感じる。。。
c0093205_0434349.jpg

c0093205_0455237.jpg


ホールの入り口両開きドアの丸いハンドル部分は、開け放ったとき、壁側の金具に
ピタリと固定される。
c0093205_0332269.jpg


ホールの照明器具もオリジナルデザイン。
c0093205_0345582.jpg


校長室も見学。
c0093205_038488.jpg

c0093205_0381735.jpg


こちらの照明スイッチはこれがスタンダードのようで、他都市で宿泊したホテルも
ほぼこの形状だった。
c0093205_0402866.jpg


校舎の1階にはカフェもある。
c0093205_0485470.jpg


校舎とは低層部で繋がるドミトリーは現在ゲストハウスとして一般に宿泊可能。
日本から事前予約をとりこちらに宿泊。
c0093205_052158.jpg


広さは12帖ほどで改修済みのワンルーム、シャワールーム、トイレは共同で45ユーロ。
バルコニーはnoticeには基本的には出ないでくださいとあり、老朽化により落ちても自己責任
だということが記載されていた。。。
c0093205_175426.jpg

c0093205_164195.jpg


こちらは校舎の全体模型。
c0093205_0555183.jpg


翌日、マイスターハウスも見学。
かつてバウハウスで教鞭をとった教授たちのために造られた家々。
パウルクレーと、カンディンスキーは一つ屋根の下で暮らしていたよう。
c0093205_1105074.jpg


バルコニーの雨樋に目がとまる。
c0093205_111428.jpg


サッシの水切り。
c0093205_1122381.jpg


オリジナルのマイスターハウス。
c0093205_1194654.jpg

当時の模型。
c0093205_132790.jpg

そして面白いのが、オリジナルのすぐ横に、現代版にリモデリングされた
マイスターハウスも建つ。
こちらは2014年にできたばかりで、RC打放しの肌に塗装がしてあり、窓もFIXで
すっきり納まっている。
c0093205_120210.jpg

c0093205_1215343.jpg


欧米の市街地でみる家や集合住宅などは、大抵半地下になっている。
リモデリングハウスの内部を見学すると、その半地下部分は内側が土圧に対しての
リブ形状になっていた。
c0093205_1272333.jpg


開口部からして壁厚は300mmほどあろうか。。。
c0093205_1291535.jpg


そしてオリジナル棟の内部からみた開口部。
c0093205_130084.jpg


ついでにこの近辺の街並みも散策していて、新築工事中の集合住宅に立ち止まる。
ちなみにこれが完成予想パース。
c0093205_1421160.jpg

柱や臥梁やコンクリートだが、この壁はなんでしょう?
ALCのようなパネルを重ねて、さらに積み上げているようだが。。。
c0093205_1411983.jpg


つづく。。。
[PR]
by mokadesign | 2015-06-03 01:51 | 旅行