moKA通信

2015年 04月 20日 ( 1 )

常滑陶芸研究所

常滑で設計、工事中の現場へ監理に行った際にクライアントさんに案内していただいた
「常滑陶芸研究所」
c0093205_16314236.jpg


1961年築の「モダン」建築は堀口捨己氏の設計。
c0093205_16324244.jpg


キャンチで水平基調の軒とエントランス庇が印象的な建築。
c0093205_16315618.jpg


展示空間はトップライトから計算された程よい自然光が注がれています。
c0093205_16342037.jpg

c0093205_16343236.jpg


ホールの吊り階段はディティールも見応えあり。
c0093205_16362224.jpg

c0093205_16352140.jpg

c0093205_1635323.jpg


サロンには茶室もしつらえてあります。
c0093205_1636558.jpg

c0093205_16371066.jpg


元々はINAXの前身である伊奈製陶の社長が施主として建設し、その後市に寄贈
されたとのこと。
c0093205_16431515.jpg


市街地から少し離れた裏山にひっそりと建ち、案内されないと観る事はなかったと。。。
なんだか得した気分になれる、そんな建築物でした。
[PR]
by mokadesign | 2015-04-20 16:44 | 建築