moKA通信

「出雲」で食事

ダジャレンメンバーの誕生日会。

寺子屋塾の塾長会合で知り合った凄腕料理人の店「出雲」へ行きました。

c0093205_23325172.jpg





































一部の食通にしか知られていない店で、一部では噂の、カリスマ漁師
村公一」の魚を扱います。

少し解説すると、村氏というのは鳴門の漁師で、独特の漁法と
魚にストレスを与えない技術で、その新鮮さと品質が口コミで広まり、
TV「情熱大陸」にもとりあげられるほど。
(最新号BRUTUSの釣り特集でも・・)

前述の「出雲」の店主大谷氏も、村氏と交流がある料理人として
番組内で紹介され、魚を生のまま熟成させることができる、日本で
2人しか持ちえていない技術の持ち主とのこと。

そして実際に村氏の魚を!
2週間熟成させた鱸(すずき)を!
大谷さんの料理を!
いただきましたよ。

他にも、このわたや、鰹のたたきや、ヨーロッパで120万で
取引されたこともあるという日本酒もいただきました。

シメのおにぎりはお世辞抜きで、今まで僕が生涯食べてきた
おにぎりの中で最高の味。
(のりも具もナシです!言葉では説明できません・・・)
当然お米は市場には出回らないもので、少し小粒だったでしょうか・・
水田に使う水は宮内庁管轄の源泉で、とか、料理の度に細かく解説を
もらった内容は味わいながらでほとんど忘れてしまいました・・・


たまたま寺子屋塾という機会で知り合って、ホント出会いに感謝。

食後は大谷氏の隠れ家で、もてなしまでしてもらい・・・
音楽やアートや建築の話でも共鳴し、また、彼の顧客やブレーンにも驚きでした。

ちなみに出雲さん、一見さんお断りです・・
おしながきもありません。

とにかく店主の細部にわたるこだわりに脱帽。
ある意味少しジェラシーでした・・・
(ちなみに店主は僕より年下です)
[PR]
by mokadesign | 2008-09-08 00:41 | グルメ