moKA通信

8年ぶりの八ヶ岳

友人に誘ってもらい、八ヶ岳開山祭&登山に参加してきました。

メンバーは友人の知り合いの、元JAL機長はじめ、現役操縦士、CAなど
関東、東海方面から、英国出身の外国人も含め、老若男女20名。
僕と友人は1999、2000年に参加して以来、8年ぶりとなりました。

まずは、ふもとにあるキャプテンのロッジに集合し、昼食後には出発。
行ける所まで車で行き、そこから中腹にある山小屋へ向かいます。

あいにく土曜日は雨。
おまけに、残雪がところどころに。今年は特に多いようです。

      ↓こんな山道を・・・

c0093205_2148332.jpg




















毎年6月第1週目の週末、オーレン小屋では開山祭を祝います。

c0093205_21545873.jpg



















宴もたけなわ、翌日の登山に備え、20時過ぎには就寝。

我々一行は、男も女も先輩後輩も関係なく、約16帖ほどの1部屋で雑魚寝。
(ご想像のとおり、足の踏み場もないような状態でした)

それもそのはず、この日の小屋の宿泊者は、なんと120名だそうです。。。


日曜日は5時起き!
朝食を済ませ、準備をして、朝靄の中、6時には山頂目指し出発です!

c0093205_223796.jpg




















チャレンジングコース?は当然のことながら、前日よりもハード。
日陰の残雪ゾーンは足を置く場所を誤ると、膝上くらいまではまるほど。
しかも、重心やバランスが崩れようものなら、滑落して大惨事にもなりかねません。
前を行く人の足跡を確かめながら、一歩ずつ慎重に・・・

そして登山開始から約2時間弱。
硫黄岳山頂に到着。
標高2760mのそこは、360度のビュー。最高にすがすがしい気分です。

c0093205_22181141.jpg




















登山道の反対は、硫黄色に染まる崖。
ヘリにはロープもなく、足を踏み外そうものなら命はないでしょう。

c0093205_22205198.jpg




















そこからは行きとは違うルートで下山。
「本物」の方は、稜線つたいに、横岳~赤岳~と縦走することでしょう。

メンバーの皆さんは、ネパールにも登山に行ったりする位で、非常にパワフル。
70歳過ぎの方もおみえで、恐れ入りました。

昼ごろには、前日出発したロッジに戻り、皆さんでそこでBBQ。
色んな方と話しましたが、フライトネタにはやはり興味津々です。

それから、キャプテンとの建築談義や、色んなことに注ぐその好奇心、
探究心、そして行動力に、またしても脱帽。
(ロッジはキャプテンがフライト先で見つけた建材を駆使して、そのほとんどを
ご自身で手造り・・・しかもプロ顔負けの仕上がり・・・)


刺激を受けまくり、明日からの仕事にも気合が入ります。

そして友人へ、誘ってくれてありがとう!
[PR]
by mokadesign | 2008-06-01 22:56 | 旅行