moKA通信

神戸出張1

今週は神戸へ行きました。

以前もブログで紹介した、造作キッチン&家具でお世話になっている
WISHの今井社長が、自宅マンションの隣宅を自然素材にこだわって
リフォームしたとのことでお邪魔してきました。

「体感できるモデルルーム」をコンセプトに、さらには宿泊してもらうことで
その良さをアピールしたいとのこと。

ということで泊まってきました!

壁には珪藻土、床には桐の無垢フローリング。
今回は桐を扱うイシモクの石山社長の中国帰りのスケジュールに合わせ
桐についての熱弁付。

おそらく日本で一番桐を知り尽くした第一人者。
今回お会いするのは2回目でしたが、桐の生態の話は興味深かった。

素足で床に触れれば、合板フローリングとは比べ物にならないほど温かいし、
さらに軽い。
なぜなら独立気泡があるから。
学術的には木とも言い切れないとのこと。
逆にいうとその生物構造は草のそれに似ている。
だから「木」ヘンに「同じ」と書くって・・・

桐というと→タンス→高価、と連想しがちですが、利用用途は多彩。
さらに桐の成長は早く15~20年。
杉は約80年、桧は約200年・・・とすれば桐を活用すれば、他の伐採を
抑制できる。すなわち地球環境にも貢献できると。

桐の床材は他社でも見かけますが、その特性を理解していないと
仕上げ塗装がその良さを殺してしまう。
3Mと開発した専用の表面材は、しみや汚れは防ぎ、木が呼吸はできるというもの。

1泊しましたが、やはり室内温度の違いも感じましたよ。
木目の表情も繊細で美しくいいですね。

自分のなかでは、今現在、竹と共に注目の建材です!

翌日は WISH x イシモク のコラボショールーム「KIRIKO」を覗いてきました。

センスのよい家具もいくつかあり、なかなかGOODです。

c0093205_1452753.jpgc0093205_1454244.jpg


















c0093205_146664.jpgc0093205_1462146.jpg















下の写真は桐の玉をプールにしたもの。
ショールームでは腰掛けた椅子のあしもと、机の下の桐箱にこの桐の玉をいれており、
そこに足をいれてみると不思議な感覚!
抗菌、消臭効果や保温効果もあり、さながら堀こたつです。

c0093205_1464221.jpgc0093205_1465624.jpg














北野の異人館界隈にあり、観光ついでに是非覗いてみてください。
[PR]
by mokadesign | 2007-12-15 01:59 | デザイン