moKA通信

設計事務所監査、資料整頓

先日愛知県の建築指導課の立ち入り検査がありました。

特に弊社に不手際があったわけでなく(ここは強調!!)、定期的に設計事務所の運営状況を
行政が監査するというものです。

建築を設計するには、「建築基準法」を始め、「都市計画法」、「消防法」などなど多種な法律をクリアし、
申請で合格しなければ、工事着工できないわけで、他にも、敷地や建物の状況によっては、
「宅地造成等規制法」、「景観法」、「砂防法」、「土地区画整理法」、「騒音規制法」などクリア
しなければならない法律には枚挙にいとまがありません。


その他、設計者としての資質を定めた、「建築士法」というものがあり、これに基づいて業務を
遂行します。

「一級建築士」もこれに定められたもので、現在は5年ごとに検定試験を受けて更新する必要
があり、設計事務所の代表者は「管理建築士」の資格も必要です。

設計事務所としての登録も5年ごとに更新手続きが必要で、看板の掲示も義務づけられてます。



監査はこの建築士法によるもので、書類の整備など、事務所としての運営についてのチェックです。
特に問題もなく無事終了しました!

c0093205_18263046.jpg

c0093205_18264033.jpg



話は変わりますが、法的な書類以外にも、事務所の資料の整理整頓にはいつも心掛けてます。。。

建材のカタログもどんどん入れ替わるし、PC内データのアーカイブ管理も重要!
欲しい情報がすぐに出てくる態勢でないと、作業効率が悪く、何より時間のロスは最も嫌悪。

ということで先日事務所のカタログの徹底整理。
背表紙がないような小冊子のカタログが、すぐに見つからないストレスを一気に解消!

ネットで情報検索もできますが、細かい字はみにくいし、パラパラめくって確認したいことも
あるんで、紙媒体を排除出来ないんです。。。

部位ごとにクリアケースにまとめるのは、従来からしていたのですが、もっと早く見つけたい!
それで、クリアケースにインデックスを設けました。
時間かかりましたが、快感です!

c0093205_18265168.jpg

c0093205_1827146.jpg


この状態にしてしばらく経ちますが、効果絶大。
以上自己満足の話でした。。。
[PR]
by mokadesign | 2015-02-24 18:41 | 建築