moKA通信

古民家リノベーション@多治見

多治見で古民家リノベーションを。

クライアントは大正から代々続く商家。
敷地内に複数棟あるが、対象建物、離れは現状は物置と化し、老朽、損傷がはげしい
部位も見受けられる。

打合せ初めから約1年、構造家と、大工の腕を拝借しながら、ようやく工事着手します。

c0093205_024565.jpg

庭の木々がこれまた歴史を感じさせる。
c0093205_031133.jpg

離れとの間の庭には苔、雰囲気を醸し出してます。
c0093205_03765.jpg


裏の建物が解体されると、損傷部分が露呈。
c0093205_0331100.jpg


内部。
吹抜下から見上げる小屋梁と漆喰の壁がいいですね。
c0093205_032836.jpg


建具の組子も職人さんの繊細な仕事が感じられる。
c0093205_035716.jpg


いいものは残しながらリノベーション。
内観はこんなイメージです。
c0093205_04206.jpg

[PR]
by mokadesign | 2013-09-17 00:11 | 建築