moKA通信

韓国ソウル建築探訪4

景福宮(キャンボックン)
ソウル市内5大王宮のなかで最も面積が広い。
1395年創建。
1592年には秀吉の朝鮮出兵により全焼となるが、1868年に再建。
c0093205_0392666.jpg


勤政殿に入る正門。
きらびやかな装飾が当時の栄華を物語る。
c0093205_0403856.jpg


池に浮かぶように建つ慶会楼。
王族達が集まり宴を催していたと。
c0093205_040543.jpg


古宮の建物と、現代のビル群との対比が印象的。
c0093205_04018100.jpg


その敷地内には国立民族博物館があり、韓国の歴史を紹介。
昔の民家や。
c0093205_040568.jpg


当時の暮らしがわかるような町並みまで再現されている
c0093205_041714.jpg


さらに子供達にもわかりやすいミュージアム施設も。
c0093205_0412453.jpg


体験型の設備が充実している。
c0093205_0421129.jpg


古宮敷地の東向かいには、国立現代美術館が建設中。
この近辺は美術館やギャラリーが多い。
設計は韓国の建築家ミン・ヒョンジュン。
韓国の伝統的な空間概念「マダン」(簡単にいうと屋外としての「庭」を内に取り込む空間)
を取り入れた設計とのこと。
c0093205_0592699.jpg



さらにその東のエリアに北村韓屋村。
伝統家屋の密集地域で、朝鮮時代には王族や官僚が生活していた高級住宅地だった。
c0093205_0415162.jpg


玄関の門構えが物語る。
c0093205_0415766.jpg

c0093205_0431633.jpg


デザイン事務所の看板のあるお屋敷。
c0093205_042493.jpg


現代の産物である設備メーターもうまく取り込んでいる。。。
c0093205_0425695.jpg



あとは韓国の食事もいくつか紹介。
アプクジョンの焼肉屋では、フルーツ漬けした甘辛い牛の薄切り三枚肉がgood!
c0093205_0441212.jpg


明洞のトッポギ屋ではチーズ入りのトッピングがマイルドでgood!
c0093205_043266.jpg


お粥屋では、松茸とアワビ入りにごま油の風味もあいなりgood!
c0093205_0432369.jpg


ほんのり高麗人参の香りがするサムゲタンは、体によいってカンジでgood!
c0093205_0434547.jpg


以上韓国ソウルレポートでした。
[PR]
by mokadesign | 2013-08-12 01:32 | 旅行