moKA通信

4.5mHOUSE

名東区で狭小間口のおウチが完成しました。

敷地は幅5.5m奥行20mという、いわゆる「鰻の寝床」。
建物自体は隣地との離隔もいくらか必要で間口は4.5mです。

c0093205_10271746.jpg


南道路の通りからは玄関を少し隠し、外観上丸見え感を抑えながらも
1階リビング窓は軒下にしっかり確保。

単調になりがちな外観には適度な立体感を与えています。

平面的にはどうしても南北に長い形状になりますが、中央部に中庭バルコニーなどを
とることで採光通風を良好にしてします。
[PR]
by mokadesign | 2011-08-19 10:40 | 建築