moKA通信

北京建築視察1

建築士会企画の建築視察ツアーに参加。

空路北京へ約2.5時間。
着陸間際、さっそく街並み拝見。

c0093205_117025.jpg


チャーターバスで移動。
車窓からは、大都市北京の高層ビル群に圧倒。
写真右の建物は「中央電視台新社屋」(レム・コールハース設計)
左の建物は去年火事で全焼。修復工事が尚続いている。。。

c0093205_144095.jpg


高層ビル群。
c0093205_1214296.jpg


北京国家大劇院。
設計は仏シャルルドゴール空港も手掛けたポール・アンドリュー。
いわゆるオペラハウスである。
c0093205_1223113.jpg


オリンピックスタジアム「鳥の巣」遠景。
設計はスイス建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン。
(他作品はテートモダン、プラダ青山など)

ここが遠景でしか観れないって・・・

c0093205_1263310.jpg


三里屯(サンリートン)ビレッジは、若者が集う街。
夜にも訪れたが、西洋人も多く行きかう。
施設は日本の若手建築家も設計に関与。全体は監修は隈研吾氏。

ユニクロビル。
c0093205_1292711.jpg


隈研吾設計のファッションビル。
c0093205_1302074.jpg



そして、毛沢東ゆかりの国営工場がリノベされ、今や中国現代アートの発信地へと
進化した「798エリア」へ。
大小さまざまなギャラリーがひしめき合っている。

c0093205_1362552.jpg


こんな風景はまさに工場跡。
c0093205_1365891.jpg


その内部はこんなカンジ。
天井高は最大9mのヴォールト屋根。
工場としての採光の取り方も目がいくところ。
c0093205_1381981.jpg


現代的な建物も。
c0093205_139632.jpg


その内部。
c0093205_1394818.jpg


日本のギャラリーも出店している。
c0093205_1411986.jpg


以上2日目へ。
[PR]
by mokadesign | 2010-12-06 01:45 | 旅行