moKA通信

中村公之展@ノリタケの森ギャラリー

寺子屋塾で知り合った陶芸家中村公之氏の作品展を観にノリタケの森ギャラリーへ。

c0093205_1063413.jpg


中村さんの作品展は、家具作家 般若芳行との二人展「平成竪穴式空間」以来。

作品群のキーになる「エデンの門」は、ある種世界の境界線として存在するのだが、
生と死、裕と貧など、実は「こちら」と「むこう」という隔てはなく、一体なんだ、一緒なんだ
ということを表現していると。

他に構成としては、ビーナスの頭像や、古代の英雄の後頭部からアーム式電球を生えさせたり、
高級ワインシャトーの木箱にコーラの空瓶をセットした作品などがあり、
コンテンポラリーでコンセプチュアル、若しくはポップアート的ともとれる
内容で僕が思っていた中村さんのイメージとは違った作風が観れて面白かったです。

ちなみに画像の作品は、金属ではなく、陶器とガラスのミクストメディアです。


作品展に先立ち、ZIP FMの「PROFESSIONAL SLUNG」というコーナーで
その毒舌?(中村さんすいません・・熱弁と訂正)を披露されたそうで。

次回の作品展も楽しみにしています。
[PR]
by mokadesign | 2010-06-23 10:45 | ライフ