moKA通信

金沢へ

週末、金沢へ。
折りしもこの日はETC利用1000円のスタート日。
大渋滞も覚悟しましたが、以外にスムーズに到着できました。

所用を終えた翌日、まずは21世紀美術館へ。

c0093205_0541560.jpg


設計は妹島和世+西沢立衛/SANAA

建築的評価はさておき、日本で一番‘成功‘している美術館だと思っています。

その立地に起因するものは大きく、金沢という観光地の、文化施設が多く隣接する、
しかも都心商業エリアにあることで、観光客にも注目度が高く、市民にも親しまれています。

ゾーニングを見ると分かり易いのですが、中央部の企画展エリアは有料ですが、
c0093205_1474111.jpg

周囲の無料ゾーンでは僕の好きなタレルの作品や、
c0093205_1463764.jpg

レアンドロのプールも観れて、
c0093205_147137.jpg

コミュニティスペースとして、市民ギャラリーやライブラリーやシアターがあり、
キッズスタジオには託児室と授乳室も比較的大きく確保されているのです!

‘成功‘だと思うのは行って見れば一目瞭然。
週末のせいもあるでしょうが、開館5年近く経つそこに、現代アートに決して
興味も深くないであろう老若男女がごった返しているのです。。。

訪れるのは3年ぶりですが、前回来館したときから、奈良美智とgrafのコラボ作品が
増えていたりと、あいかわらずコンテンツは充実。
企画展で、あの!ダミアンハースト作品を生で観れると期待していたのが、諸事情で
展示されておらず残念でした。

前述の「21世紀~」の建築評価はさておき・・・の続きとして、あくまで個人的な見解を追記。

   日本の美術館建築で好きなのは、豊田市美術館(谷口吉生設計)。

   コミッションワーク(作品に合わせて建築・・)で素晴らしいのは、直島の地中美術館(安藤忠雄設計)。

   あと、東京上野の美術館博物館群はある意味別格です・・・


次に向かったのは、パティシエ辻口氏のミュージアムカフェ「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」。金沢からはさらに北上すること車で約1時間半。

館内のミュージアムでは、氏の「作品」である、飴細工やクロカンブッシュが
幻想的な演出で表現されています。

c0093205_2103776.jpg


カフェは能登の海を眺めながら、絶品スイーツを頂けます。

c0093205_2182471.jpg
c0093205_2184075.jpg


場所は、あの加賀屋さんのお隣。その立地やリンクサイトからして、加賀屋が出資してるようですね。
[PR]
by mokadesign | 2009-03-30 02:25 | 旅行